チリの習慣・生活情報から旅行情報までおまかせ下さい!!

チリへ来て、2010年1月には満15年となります。 このままずーっとサンチアゴでごほごほとスモッグにむせながら終わるのかな…と思っていたのですが、テイシュが突然田舎に家を購入。 日本→チリへの移住もそれなりに決心がいることでしたが、ここでサンチアゴ(一応都会)→ビクーニャから9キロの村(バスすらも走っていない超ド田舎)へとドラスティックな人生転換となりました。
2009年11月現在、テイシュ1人+犬2匹+猫1匹+子猫3匹と、いきなり大世帯。 ずっと気ままな別居生活だったのが、3度のメシの支度にアタマを悩まされる日々です。
これまでサンチアゴでずっと勤めていた、アンデスニッポンツーリストは、社長のお情けもあって、今でも在籍中。 幸いインターネットが使える環境だったため、在宅という形で仕事を続けています。 やはり私はアタマがしっかりしている限りは現役でいたいオンナです…。

新装開店! ごほごほアンケート♪ 設定方法を間違えていて、投票できなくなっておりました。 今度こそー。


チリ今日この頃

昨夜から今朝にかけてチリはサマータイムへ移行。 起きたら携帯電話の時間表示も自動的に変わっていて、8時20分。 慌てて運動しに出かけました。 せっかくの日曜日ですが、今日は1時間ソンになります。

先週は日中30度になるほど暑い日がありましたが、昨日からまた冬日に戻りました。 アーモンドと桃の花が同時に咲いています。
買い出しに出かけたラ・セレナは霧雨で、町ゆく人々も薄手のダウンコートの人が多かったです。 天候が目覚ましく変わると、身体がついていけず、私は風邪のひき始めなのか、アレルギーが始まったのかわからない状態。 のどがかゆくて、鼻水が出ます。
昨日はいつもよりも高いなと思いながらフェリアの道を行ったり来たり3往復してしまいました。
冬は野菜が高くなってアタリマエですが、旬のものも高くて、、、春先の楽しみであるアーティチョークにアスパラガス、そしてテイシュは苦いといってあまり好みませんが、マンネリ化脱出のために、芽キャベツを購入。 今晩は芽キャベツ入りクリームシチューとおにぎりです♪

アーモンドの花。 ハチドリが蜜を吸いに来ます。 我が家では消費の多いハーブ、ロースマリー。 桃の花。今年は咲くのが早いです。

先週はこれといったニュースはありませんでしたが、ピニェラ大統領が1回目の内閣改造で3人閣僚を変更致しました。
どの政権でも激しく入れ替わるのが教育相ですが、今回もやはり、です。 なぜか文化相が変更されましたが、新大臣は早速失言しちゃったようで、野党からやり玉に挙がっています。

前大統領B女史は再び国連に返り咲き、9月から人権方面の高官になるそうです。
確か以前国連にいた時は女性の権利に関したポジションだったような記憶がありますが、今度は人権。 平たく言えば、ベネズエラのマドゥロ氏を相手にするということかと思いますが、、、すでに彼女にはとても荷が重たいかも。

この週末はウーバーのドライバーがタクシー運転手3人に発砲して、1人が死亡したという事件が大きく取り上げられています。
話が混沌としていて、発砲したウーバーのドライバーは、「タクシーの連中に襲われて、フロントガラスを壊されたりしたが、彼らを撃ってもよいか?」と警察に電話をかけたらしいです。 最近チリではこの手の「正当防衛」がちょくちょくニュースになっていますので、そこからの発想なのかもしれません。
一方、負傷したタクシー運転手曰く、「俺たちは何もやっていないのに、彼が拳銃を持ちだしてきた。 取り上げようとして争った」
朝4:00頃の事件らしいですが、単なるケンカ沙汰ではなく、ウーバーVSタクシーを象徴しているようですね…。

先週ここに書いたトイレットペーパーの共謀値上げの謝意返金の件。
村の中にあるCAJA VECINA、そして昨日はラ・セレナのショッピングモールに付属しているCAJA VECINA に行きましたが、どちらもあれこれ言い訳ばかりで払い戻ししてくれません。 ラ・セレナの方は、「銀行からお金をもらっていないから払えない」
面倒だから受けたがらないのか、彼らの言い分が正しいのかはわかりませんが、やっぱりチリねと思わせられるような状況です。 ちなみにこのお金、返金を希望せずに受け取らなかったら、国のものになるらしいですよ…。

(2018年8月12日)


何かご質問やご意見がございましたら、こちらへどーぞ。

1998年5月05日にスタートしました。

Free counter and web stats


This page hosted by GeoCities Get your own Free Home Page