中途採用者の心得

中途採用は別名、第二新卒とも言います。そんな第二新卒者の採用にあたっては、前職のスキルや経験よりは仕事への適性やポテンシャルが重視されることが多いようですが、中途採用は即戦力となる経験者採用ということで、前職で得たスキルや知識、そして実務経験が非常に重要視されます。実際、前職での経験を存分に活かせるような転職を実現させる方の数は非常に多くなっています。同じ業種内での転職であれば前職でのキャリアが活きるため有利に働くと考えられることが多いですが、その一方で異業種への転職の際は困難なイメージを持っている方が多いのが実態です。

転職の目的

実際に転職活動を始める前に、何故転職を考えたのか、じっくりと考えてみるべきです。そうしなければ、また「転職したい」と、転職を繰り返してしまう原因になりかねます。

理由は色々あるだろうし、1つの事で特定は出来ないかもしれません。経理など管理部門では、人間関係などのネガティブなものが多いかもしれませんが、転職の動機は前向きなものにしたいですね。「給与が不満だから転職したい」と考えるよりは、「給与をアップさせたいから転職」と考えるほうが前向きでしょう。同じようにも思えますが、後ろ向きか前向きかでは転職活動の結果もだいぶ変わってくると思います。

転職情報の集め方

転職の場合は自ら情報を集めなければならなりません。IT業界の場合は一般に公開されない場合が多く、公開された求人情報を集めるよりも人材紹介会社を利用した方が効率はいいかもしれません。無料で利用でき、自分の希望する条件・職種での求人を探すのに最も適した人材紹介会社を使った情報収集について解説したいと思います。

の2種類があり、2つを組み合わせたものもあります。 スカウト型はエグゼクティブや専門性の高い職種を対象にヘッドハンターが転職を持ちかける方法で、自ら転職を望む場合は登録型を使用するのが普通でしょう。 登録型の人材紹介会社では、企業のニーズに見合った人材を登録者の中から探し、求職者と企業との仲介を行います。 どちらの方法も、求人雑誌やハローワークなどには掲載されない求人情報が多く、企業・職種ごとの案件は比較にならないほどです。人材紹介会社を使うことにメリットは、キャリアアドバイザー(CA)と言う相談相手を得られること、紹介先との待遇面まで交渉してくれることです。入社後に希望条件と違う、こんなはずじゃなかった、と言う事態が最大限に減らすことが出来ます。また、初めて転職を考え、多少ならず不安な気持ちを抱えた人には安心できる点が多いでしょう。

各種情報誌

・業界新聞、業界雑誌
業界新聞は図書館などで閲覧でき、業界雑誌は大型の書店で購入することが出来ます。業界の動向、景気などの情報が掲載されているので、応募業界や企業の大よその流れをつかむ為には非常に大事です。
・会社四季報
普通の書店で購入が可能。企業の事業内容、詳細な業績などが掲載されています。
・企業のWebサイト
企業のWebサイトには今後の事業展開や、経営方針などが掲載されていることが多く、書類作成などの際に役立つ情報となるでしょう。