2056年4-6月

4月2週
<レース回顧>
ヴァナヘイムの高松宮記念。
カリテスはG18着だったし、ヴァナヘイムも何頭かには先着できるか?とも思ったが
やはり2歳牝馬G1とはわけが違って11番人気で12着。
まあ出ただけで良かった^^次走は放牧には出さず3か月空けてCBC賞。

シャリーアの飯坂温泉特別。非常に勢力拮抗した中
最後一気に雪崩込んだものの前から1馬身半差の5着に終わった。残念。
あと放牧までにあと2走する予定。

<登録>
4.3 吾妻小富士賞 福島芝1200 イマーム
4,3 クレイヴァンS(G3) ニューマーケット1600 ラーハ

イマームは、本来ヴァナヘイムが出るはずだった吾妻小富士賞へ。厩舎としての連覇がかかる。
ハンデ56キロと、別定と変わらない斤量だった。55.5だと思ったんだけどなぁ。

ラーハは・・・間違えた!(ぁ
放牧前に立てた計画で、プリンシパルの前に1戦使いたいけど4.2&3に適鞍がない!と思って
何を思ったか「いや、海外でしかも重賞だけどクレイヴァンSってのがあるぞ」と思っていた。
そして今日、実際それ以外に適鞍がないことをもう一度確認し、迷わずクレイヴァンSに登録。

はは。よく見たら1600じゃん。全然距離適性外れてるし。
海外G3ってのがどれくらいのレベルなのかを一度見てみたいってのも選んだ理由としてあったんだけど
こんな適性外じゃそれも測れんし^^次走後に無駄に5多く体調消費するだけじゃん!っていう。
まあね。適性内でもどうせ賞金圏内まではこれなかっただろうから、仕方ないと思おう。


4月4週
<レース回顧>
イマームの吾妻小富士賞。人気は3番人気だったが
超ハイペースの中でハナを切り、しかも56キロではさすがに厳しく8着。
最近の2着で斤量上がっちゃって勝ちが遠のいたかな・・・

ラーハのクレイヴァンS。以外にも10倍程度の7番人気。
結果も、スローペースでかかってしまったが、それでも最後はまずまずの伸びで7着。
よく頑張ったじゃん。まあ、海外といってもG3は大したことないのかもしれないけど。
もう一回同コースで、適性距離で見てみたいね。とりあえず次はプリンシパル。

<登録>
4.5 メルボルンT 京都芝1800 シャリーア
4.5 シドニーT 京都芝1400 カリテス

ここにきてシャリーア、他の適鞍と相手関係を理由に芝初挑戦。


5月1週
<レース回顧>
シャリーアのメルボルンT。スローペースに泣く形。
前との差は1馬身半だったが、着順は8着と大きく負けた。
予定より早くここで放牧して、得意の東京2100である6.2ブリリアントSを目指す。

カリテスのシドニーT。先行馬が多い割に平均ペースに落ち着いてくれる。
相手はそこそこ揃っていたがまずまずの粘りを見せ、4着。
やはり平均ペースなら十分やれるみたい。

<登録>
5.1 谷川岳S 福島芝1200 イマーム
5.1 3歳未勝利 新潟ダ1800 ホッドミミル
5.2 プリンシパルS 東京2000 ラーハ

ホッドミミル復帰。今年中の2勝を目論んでいる以上ここらで1勝目を挙げたい。

追記:今回の成長で、ヴァナヘイム&イザナミのスピードが4に上がった。
イザナミに関してはあと2回成長放牧を打つので、4.5まで上げられる。
牝馬であることを考えると、今までで一番実力のある馬になるようだ。

そして、衰えが始まっているカリテスを見てみると、
そのケージの伸びはヴァ・イザと全く同じに見える。つまり
近いうちついに4を割ってしまうのか・・・


5月3週
<レース回顧>
イマームの谷川岳S。新潟外回り&超ハイペースが祟ったか8着。
ちょっと情けない負け方だったけどね・・・
一旦放牧。またよくわからないタイミングで穴を開けるかもね^^

ホッドミミルの未勝利。プレーヤー馬の相手は1頭のみ。
平均ペースで8番手。直線向くとジリジリ伸びて、前を捉えた。
あまり強い勝ち方ではなかったかもだが、とりあえず1着!待望の勝ち上がり!
いや〜、遅いよ、もう5月だよ^^

ラーハのプリンシパルS。相手はそんなに揃っていず、2番人気。
逃げ馬4頭で超ハイペース!これを待ち望んでいたぜ。もちろんかからない。
そして直線。すごい勢いで伸びた!上がり32秒台の大台を出して豪快に差し切り勝ち。
今期6勝目!いやー、狙ってたレースで勝つというのは嬉しいものだね。
ヴァナヘイムとカリテス以外の馬でようやく特別を勝てた。

すっかり好調は終わったかと思いきや、ここにきて2勝。
この調子で行きたいね。

<登録>
5.3 フレッシュチャレンジ 門別ダ1700 アクタイオン
5.4 3歳500万下 中京ダ1700 ホッドミミル
5.4 昇竜S 中京ダ1700 イザナミ

2歳馬ではアクタイオンだけがFCRCからデビュー。
相手は強いが頑張れ!

続いて今日勝ち上がったホッドミミルは早速適鞍があったので出走。
しかし後に気付く。これイザナミが予定してたレースだ^^
でも優先度はホッドミミルの方が高い。イザナミは来年があるから。
なので、イザナミの方はOPに出走させることに。
すでにイザナミが能力追い越してるからね〜。


5月5週
<レース回顧>
フレッシュチャレンジのアクタイオン。
もしかしたら泥田になるかも?&どうせ得意脚質わかんないし・・・ということで
大逃げを打ったが、逃げ馬5頭、しかも重だった^^
ブービー。まあ仕方ない。ホッドミミルもデビュー戦12着→2着だったし
アクタイオンもそんくらいの巻き返しを期待。

ホッドミミルの500万下。結構プレーヤー馬多い。
3番人気に押されたものの、やや伸びあぐねての5着。
うーん、ちょい厳しい結果だ・・

イザナミの昇竜S。こちらはプレーヤー馬はほかに4頭で、5番人気に。
逃げ馬不在のスローペースとなってしまったが、なかなかの伸びを見せ
1着から1馬身差の3着と走ってくれた。やはり十分通用するね!

<登録>
6.1 白百合S 中京芝1800 ラーハ
6.1 ルーキーチャレンジ 旭川1500 アクタイオン
6.1 東京ダービー ダ2000 イザナミ

ラーハはこの先しばらく適鞍がなく、仕方なく直線短いけど使って放牧。
イザナミはもちろん今週も使って、そして成長放牧。適レースが他になく
まさかの東京ダービー出走^^なんとか頑張ってくれ。


6月2週
<レース回顧>
6.1 白百合S 中京芝1800 ラーハ 6着
6.1 ルーキーチャレンジ 旭川1500 アクタイオン 6着
6.1 東京ダービー ダ2000 イザナミ 6着

ラーハはやっぱり直線が足りなかった。仕方ない。ここで放牧。
アクタイオンはある程度巻き返したが、まだ前とは差があった。レベル高いなー周り。
イザナミはしっかりと通用した。もうちょいで賞金だったけどね。ここで成長放牧。

はぁ・・・こうも揃って6着か。去年も多かったんだよね。
特に東京ダービーは5着でも600万だしなぁ。獲りたかった。

<登録>
6.2 飛騨S 中京芝1200 カリテス
6.2 ブリリアントS 東京ダ2100 シャリーア
6.3 CBC賞(G3) 中京芝1200 ヴァナヘイム

さて3頭とも期待。
特にシルクロ勝った時と同じ斤量で出してもらえたヴァナヘイムには。

追記:うわてか雨予報かよ。また見落とした・・・・
まあ、まあ、カリテスが走る時はまだ落ちても稍重だろう。なら良い。
シャリーアは・・・これで望み薄になったが、とりあえず泥田にならなきゃ良し。
ヴァナヘイムは・・・重までにして・・


6月4週
<レース回顧>
6.2 飛騨S 中京芝1200 カリテス 3着
6.2 ブリリアントS 東京ダ2100 シャリーア 4着
6.3 CBC賞(G3) 中京芝1200 ヴァナヘイム 7着

カリテスはプレーヤー馬2頭で今度こそチャンスかと思われたが
雨が降り続け、この週6レース目にも関わらず重・・・しかも超ハイペース・・・
よく粘ったが、ゴール直前で差され、無念のアタマ+ハナ3着。
今回のメンバー+前走のペース&コンディションなら勝ってただろうけど、そううまくは行かぬ。

シャリーアはとりあえず泥田にならなかっただけでも喜ばないとね・・・
でも悔しー。良なら勝ち負けだったかも。
ヴァナヘイムはまあ、不良だったけど、この結果だし、もし良でも勝ちはなかったろうから
まあしゃーないっと。

<登録>
6.4 バーデンバーデンC 福島芝1200 イマーム
6.4 ルーキーチャレンジ 旭川ダ1500 アクタイオン
6.5 3歳以上500万下 阪神ダ1800 ホッドミミル

カリテスはTVh杯の予定だったが馬場が重いのでパス。
イマームはまあ、重までは回復するだろうと見て予定通り出走。
吾妻小富士の時はハンデ56と見込まれたのにここは54。なんで^^
まあとにかく、これなら期待できそう。一昨年ヴァナヘイムで1着、去年カリテスで2着の
厩舎ゆかりのレースなので、ぜひぜひ好走を。