ようこそ!柏崎のり子・日本共産党・富里市議会議員のホームページへ

  1. 経歴
  2. 政策と実績
  3. 議会報告
  4. −−
  5. 日本共産党のホームページ

柏崎のり子・日本共産党・富里市議会議員のホームページ

 プロフィール・経歴 のページへ 柏崎のり子  政策と実績 のページへ
写真と日記でつづる ブログ開設! 話題沸騰 JCP ムービー!
 のり子のブログへ  日本共産党中央委員会のページへ
こちらもヨロシク のり子のブログへ 日本共産党のホームページへ
  1. 2016/5/9 更新
  2.  
  3. No_20a
new 篠原弘安さん

訪問、インタビューの紹介

日本で唯一のスイカマイスター 篠原弘安さんを訪問しました。(2016年4月25日)
篠原さんは、スイカと米を主に生産し、秋にはニンジンやトマトを作っているそうです。その苦労話とやりがいを熱く語っていただきました。

インタビューはこちら

new

メーデー ・ 「戦争させない!」印旛市民集会に参加

メーデー
5月1日、千葉市中央公園で行われた千葉中央メーデーに参加しました。

メーデー メーデー

4.24「戦争させない!」印旛市民集会とデモ
雨模様にもかかわらず600人もの市民が成田市赤坂公園に集まり、中台運動公園まで「戦争する国づくりノー!」のアピールデモをしました。

印旛市民集会 印旛市民集会

2016年 3月市議会報告

new

国の政治による影響大きい2016年度 市予算

議案に対する質疑・討論(要旨)

議会で質問

 2016年度、市民の福祉、教育、暮らしをまかなう予算は157億2200万円。歳入の市税は、前年比3.7%増を見込んでいます。

 国による影響は、法人市民税の減税の影響などで6000万円の減額が見込まれ、勤労者の実質賃金落ち込みで税収が減り、さらに、道路占用料条例改正は、市道を占用している企業の電柱、電気、電話ケーブル、石油管(航空機燃料を送るパイプライン)の占用料(県の占用料を準用)、その影響額は、1461万3000万円(46.1%)。この減収は、貴重な自主財源確保に大きな影響を与えます。

 福祉予算は、障害者総合支援、生活保護事業、子ども子育て支援など前年比10.7%増ですが、義務的給付費の自然増が大きく占めています。総合的にみて、住民の切実な声が充分反映されていません。

 待機児童解消の子ども・子育て支援、葉山支援センター仮称子ども館、向台幼稚園内の認定子ども園の建設は、父母の期待も大きい。小さな命をあずかるにふさわしい正規保育士の充実を求めます。

子ども園 子ども館

 新築された保健センターは市民の命、健康の守り手としての拠点となるものですが保健師等が不足しています。公務の基本的担い手である正規職員は専門性をもって公共サービスを市民に提 供することが前提条件です。貧困と格差が拡大する今日、自治体の果たす役割は一層大きくなっています。

国民健康保険
 国保が高すぎて払いきれない。実質賃金も4年連続下っています。国保を払うことで生活保護基準以下に落ち込む境界世帯も増加しています。構造的な問題をかかえ、結果的に財政悪化につながっています。市民に対する差押え等の税徴収の強化は厳しすぎます。一般会計(1億円)、基金(1億円)の繰り入れは評価できます。国保財政の大本は国庫補助金を拡充ること。予防事業等の充実を求めました。

介護保険
 3年毎に上がるばかりの保険料は、基準額一人平均5000円を超えています。介護度3以上の施設入所、要支援1、2は保険外し、安心の介護どころか創設の理念が失われています。

後期高齢者医療(75歳以上)
 広域連合に対する支援金:一人当たり69,000円の負担金、医療費窓口負担一割から二割、所得によって三割など負担が増大している。年金も引き下げられる中、75歳以上の負担は重い。広域連合の積立金の活用で自治体負担を引き下げるよう求めました。

議会で質問

一般質問と市の答弁を要約してお知らせします。

 【問】 組み体操の実施状況と安全対策は

 (市) 国・県の基準を参酌した指導指針を検討します

    組み体操
  • 【質問】
    組み体操の事故は2011年以降4年連続で8000件を超えていると報告されています。各小・中学校の状況はどうか。
  • 【答弁】
    運動会・体育祭において小学校7 、中学校2校で実施しています。
  • 【質問】
    けが、骨折など医療機関での治療状況はどうですか。
  • 【答弁】
    平成23年度2件、24年度3件、25年度10件、27年度1件です。
  • 【質問】
    組み体操は、学習指導要領に記述がなく、各学校長の判断に委ねられてきたと思うが、高さ基準も含め、教師などの意見はどのように反映されてきたか。
  • 【答弁】
    実施について十分検討を加え、実施時には担任のほか補助教員を数名配置することなど配慮しています。
  • 【質問】
    県下では中止のところもあるが、画一的に規制するものでもなく、児童生徒の安全確保優先に各学校が判断することと考えるが、学校現場を尊重する立場での検討は。
  • 【答弁】
    担当課では、国・県の基準を参酌して指導指針は出すべきと考えています。
  • 【質問】
    指導指針に縛られるものではないと考えてよいですか。
  • 【答弁】
    そのように考えます。

 【問】 使いやすい就学援助制度にすべきです

 (市) 詳細を調査し検討します

    就学援助制度
  • 【質問】
    憲法26条、学校教育法19条、教育基本法4条に基づく子どもの学びを保障する就学援助制度ですが、4月の入学準備は指定制服(夏・冬用)体操着(上下)、上履き、かばん、学用品等を揃えなければなりません。準備におおむね80,000円以上も、この出費は大きく、一ヶ月分の生活費が消えます。援助認定がされても入学準備金の支給が入学後という現状です。生活に困っている家庭の状況を考えると、一刻も早い支給に改善を図るべきです。
  • 【答弁】
    援助認定者は増加しています。入学準備金の早めの支給について、これまで詳細に検討してこなかった点はあります。他市の事例も踏まえ調査検討をします。

 【問】 国保の都道府県化は負担増と医療費抑制につながる

 (市) 県と協議する。多子世帯支援、子ども医療費無料化ペナルティー撤廃を国に要求していきます

    国保
  • 【質問】
    2018年度から新たに県が国民健康保険財政の元締めになり、医療給付の調整を行い、市町村を監督する権限を強化することになり、「納付金」の100%が義務付けられます。滞納が増え、税の収納が予定を下回った場合も納付猶予や、減額は認められないと聞きます。収納率向上へ圧力が強化され、安心の医療が受けられないのではないか。
  • 【答弁】
    平成30年4月から県と市との共同保険者化となることが決定しています。国のガイドラインは示されていますが、今後、県と協議していくことになっています。
  • 【質問】
    国は国保財政が悪化したり納付完納できない際には「貸付、交付」を行う。今でも高すぎて払えきれないのに、住民の負担は増えるばかりです。「貸付、交付」は返済が義務づけられることになっています。活用はできると考えますか。
  • 【答弁】
    本市の現在の国保収納率等の状況を考えると活用は難しいと考えます。
  • 【質問】
    国は、病床削減、給付抑制、ジェネリック(後発薬)の使用などの目標を定め、その達成を義務付けるとしています。これまでも低所得者、被保険者にジェネリックをすすめ、医療給付費削減の声もありますが、本来、治療状況、病状の経過など医師の説明を受けた患者が理解し納得したときに使用するものと考えます。行政の認識ついて伺います。
  • 【答弁】
    疾病内容や本人の服用、効果の内容などについて、医師、薬剤師と相談くださいと通知しています。行政として、それを強く求めたりするものではないと考えます。
  • 【質問】
    高すぎて払いきれない国保状況ですが、加入世帯11272世帯、所得額300万以下9733世帯、加入者の86.3%を占めています。実質賃金4年マイナス、非正規雇用の増大状況の中で、所得のない子どもにも均等割27000円の課税です。少子化対策の観点からも多子世帯への支援が必要と考えます。子ども医療費無料化(実施市町村)への国によるペナルティーの撤廃、本来国が実施すべきものであり、国に対して求めていくべきと考えるがどうか。
  • 【答弁】
    保険税均等割について多子世帯は減収が生じるので国保の軽減措置同様制度化されるべきと考えます。ペナルティー撤廃についても実現してほしいと考えます。全国市長会においても重点事項として国に提言していることを承知しています。
  • 【市長】
    国は保険税を上げなさいと言ってくる。市長会でもペナルティーを止めてくれと再三要求しています。これからも言っていきます。
イラスト

 【問】 公共施設等、総合管理計画(統廃合、存続、建替え)は住民本位に

 (市) 施設長寿延命化について知識や経験を活かし、内部的に横断的に十分検討します

  • 【質問】
    公共施設等の更新の調査結果は、12251件です。国は「人口減少と高齢化」を理由にして公共施設等の廃止を一気に進めようとしているが、許されないことと考えます。公共施設は30年で大規模改修、60年で更新(建替え)というライフサイクルです。既存の施設を今後も使い続けるにはどうするか。現実問題として判断が求められます。
  • 【答弁】
    大きな施設としては、市役所、福祉センター、公民館ですが避けて通れない問題と考えています。
  • 【質問】
    国の総合管理計画(経費支援措置)は、@統廃合、A存続、B解体としています。他市でも現施設の削減先行の所、公有地の売却も考えている市もあると聞きます。本市でも、旧教員住宅、日吉台汚水処理施設の跡地、児童公園目的で取得した公有地などあります。売却も考えざるを得ないのか。
  • 【答弁】
    本市は福祉施設、図書館等類似施設がないので縮減はないものと思われます。公有地は個別の土地によって変ってくるものと思います。活用、検討したうえで最も有効かどうか考えていきます。
  • 【質問】
    新年度総合管理計画の委託費が計上されていますが、施設コスト、運営コスト、単に稼働率の量だけでなく、住民が使っていることで、どれだけ地域で意義を持っているか(福祉センター施設)、各部・課において公務員として培われてきた知識、技術力を横断的に出し合い、分析、共有しながら検討すべきです。
  • 【答弁】
    今後の施設長寿延命化について知識や経験を活かし、内部的に横断的に十分検討します。
  • 【質問】
    この計画は、国による「上からのマネジメント」ですが、公共施設は住民の共有財産であり、行政の専有物ではない。住民の声を最も重視されるべきと考えます。将来計画については、住民も含めた検討、組織を主体的にどう反映させるのか。
  • 【答弁】
    財源の見通し、統廃合等について個別の課題について考えていかないとならない。庁舎建て替えについて総合的に専門家も入れながら検討していきます。
イラスト

 議会報告 のページへ

◇今年度の市議会の報告
◇2015年・市議会の報告
◇2014年・市議会の報告

上の画像をクリックすると議会報告のページを表示します。


訪問、インタビュー

富里市日本共産党後援会ニュース「そよ風」は、富里市内でこだわりを持ってがんばっている人を訪問、インタビューして紹介しています。 (富里市日本共産党後援会ニュース「そよ風」より転載させていただきました)

高橋光流さん
  • その8 日本で唯一のスイカマイスター 篠原弘安さんを訪ねて new
  • その7 元衆議院議員(元自民党千葉県連会長) 実川 幸夫さんを訪ねて
  • その6 富里市(町)商工連合会元会長 高橋光流さんを訪ねて
  • その5 千葉県議会 副議長 伊藤 勲さんを訪ねて
  • その4 農業委員会 会長 島田 潔さんを訪ねて
  • その3 「子どもたちに危険なものは残さない」富里市長・相川 堅治さんを訪ねて
  • その1 その2

写真=高橋光流さん

インタビューの詳細はこちら

のり子の奮戦記

(写真)
富里スポーツ健康フェスタ
ノルデックウォーキングに参加
ノルデックウォーキング

奮戦記のページはこちら

市政アンケートへのご協力
ありがとうございました。

2011年2月〜3月に、みなさんからご協力いただきました市政アンケートの中間集計をお知らせします。(選択式項目の集計です)

右の画像をクリックすると集計を表示します。

 アンケート報告

講演「福島原発事故と私たちのくらし」
講師 本島 勲 (工学博士 元電力中央研究所)

2011年9月10日、富里市日本共産党後援会は富里市北部コミュニティセンターで 「福島原発事故と私たちのくらし」 をテーマに学習会を開催しました。

講演の要約はこちら

放射能汚染 参考資料

群馬大学 早川由紀夫教授が作成された放射能汚染地図(四訂版 2011年9月)を掲載しました。
(http://kipuka.blog70.fc2.com/blog-entry-418.html より転載)

放射能汚染地図(四訂版)はこちら 大きな地図が別画面で開きます。 


のり子の日ごろを写真と日記で。ブログ開設! 動画サイトでも人気のJCPムービー!
 のり子のブログへ  日本共産党中央委員会のページへ
のり子のブログ こちらもヨロシク 日本共産党中央委員会ホームページで
今すぐチェック!
フランスの農業研究者と交流
フランスの農業研究者と交流

ご意見・ご要望・ご相談や「しんぶん赤旗」購読の申し込みは下記のTEL,FAX へご連絡ください

  • 連絡先 : 日吉台1−23−16
  • Tel : 93‐5021
  • Fax : 93‐5021

このサイトは、日本共産党 富里市議会議員 柏崎のり子の責任で編集されています。
住所・千葉県富里市日吉台1−23−16
<著作権について>