島原半島歴史年表

 

島原半島、歴史 ページ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1636

 

 

1637

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1638

 

 

1640

 

 

1643

 

1645

 

1648

 

1652

1653

1657

1658

 

1660

 

1668

1669

 

 

1672

1673

1679

 

1687

1690

1691

1707

1708

 

 

不平の声おこる

信徒によって各地の寺社焼打はじまる

生松庵・若宮神杜・琴平神杜など大半

荒される

有家で庄家会議行われる、六月十五日

口之津村民集会各地に村民集会す、十

月二十六日深江原に於て南部住民と松

倉軍の前衛戦行われる

約三万七千人原城にこもり大乱とな

る、北部の住民これに参加せず、鍋島

一雲など討伐軍に加わる、この乱のた

め城兵は残らず殺害され住民皆無とな

る、半島内は勿論、九州・四国・中国

より移民来たる、叉一旗組の浪人の子

孫永住す、幕府は特に小豆島の住民を

移住させる、その系統南部より西部に

かけて多く小豆島との交際後世に続く

松倉氏退き、高力忠房封ぜらる

忠房、はぜの栽培をすすめる、二十万

本、殖産すすみ須川ソーメソなどはじ

まる

願心寺(臨貞)真蔵寺(祐元)栄常寺

(祐元)専念寺(菅井正典)乱後創建

される

天満宮各地に奉祀される(千々石、布

津、南有馬、南串、須川)

北島弥兵衛庄屋となる、村里和泉郡代

となる

鈴木重成、原城の乱におけるキリシタ

ン供養塔を大江に建てる

串山は南串・北串に分れる

加藤善左衛門雲仙に古湯温泉を開く

古焼、普賢岳北側より熔岩流出する

南有馬の馬場庄左衛門、南串山の庄屋

となる

赤松谷爆発、山津波がおこる、その水

流の跡が水無川となる

高力隆長仙台に配流される

松平忠房島原城に入る七万石

村里四郎左衛門(多比良)菅氏(湯江)

大野市兵衛(大三東)庄屋となる

加藤小左衛門雲仙の湯守役となる

一条院焼失す

白土官道(新山道)に石畳をしく

津波見の孝子安永安次表彰される

守山の義農横田伝兵衛、直訴する

ケンペル雲仙の名をヨーロッパに紹介

島原領内にはじめてさつまいもを作る

島原木綿織さかんとなる

島原藩で検地行われる

 

 

 

 

1637

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1639

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1657

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1675

 

 

 

 

 

原城の乱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎖国完成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大日本史

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オランダ風説書