横浜ドリームランドモノレール ■■■ 小雀信号所 1 

 小雀信号所ではドリーム号(11ABC)とエンパイア号(12ABC)の交換が行われていました。
上下線の間にはホームが存在し、将来は駅としての利用を想定した構造でした。

説明文中の (。=`ω´=)ρ StreetView をクリックすると・・・googlストリートビューでその場所へ行けますので、その付近を散歩して雰囲気も楽しんでください♪
空からドリモノ は航空写真です ━( ^O^)━

 


■47■ 小雀信号所大船方1 

■休止から12年(休止中)

1979年2月<撮影:ZUBEBIBOさん>【No.47-1】


ホームの大船方に設けられた小屋。小屋の中にはスイッチ類が設置されていましたが、用途は不明。

■休止から19年(休止中)

1986年12月16日【No.47-2】


撮影の時までは残っていた小屋はかなり荒廃しており、のちに撤去されました。

■休止から34年(休止中)

'02年2月7日【No.47-3】


ホーム上の小屋や照明は撤去されています。集電レールは1991年に撤去されました。

 (。=`ω´=)ρStreetView


■48■ 小雀信号所大船方2 

■試運転中or営業中

1966年頃?<Tコレクション>【No.48-1】


ホーム上の小屋から大船方へ向いての撮影。
ドリーム号が大船へ向けて走ってゆきます。
転轍機の右脇にも小屋が見えます。


■休止から19年(休止中)

1986年12月16日【No.48-2】


20年後に同じ小屋から撮影しましたが、転轍機脇の小屋が無くなっているのが確認できます。
白かった信号機の支柱は錆び色に・・・


■49■ ホーム中央 1 

■試運転中

1966年頃<Tコレクション>【No.49-1】


先に到着した大船行きのエンパイア号。 大船からやってくるドリーム号の到着を待っているのでしょうか。
ここは将来「小雀駅」となる事を想定していたようで、「ホーム」が設置されています。車両との隙間が大きいところから、土台と思われます。
地上への階段等も未設置ですが、穴が空いており、それを塞ぐ板が確認できます。


■休止から19年(休止中)

1986年12月16日【No.49-2】


20年後の姿で、照明一つ分ドリームランド方へ下がった位置から撮影。
ホームの穴を塞いでいた板が無くなっています。

 (。=`ω´=)ρ空から小雀信号所


■50■ ホーム中央 2 

■試運転中

1966年頃<Tコレクション>【No.50-1】


車両交換の様子。
ホーム中央からドリームランド方へ向けての撮影で、左の大船行きドリーム号と、右のドリームランド行きエンパイア号間で、タブレット交換しているシーンではないでしょうか。


■試運転中

1966年頃<Tコレクション>【No.50-2】


エンパイア号がドリームランドへ向けて、先に発車したようです。※ここでの車両交換は、右側通行だったそうです。

■休止から19年(休止中)

1986年12月16日【No.50-3】


それから20年後。
いくら待っていても、ドリーム号とエンパイア号は来ませんでした・・・


■51■ ホームドリームランド方 1 

■休止から19年(休止中)

1986年10月26日【No.51】


このときは存在していた信号機も、老朽化による落下を防ぐためにに撤去されてしまいます。
遠くにホテルエンパイアの姿があります。


■52■ ホーム中央 3 

■休止から35年(廃止後)

2002年11月13日【No.52】


ホームの穴を下から覗く(大船方へ向けて撮影)。
この穴は将来、ホームへの階段が設置されるはずであった・・・
右側のレールには、集電レール撤去用に作られた作業車両が、長らく放置されていた。


■53■ 小雀信号所全景 1 

■休止から37年(撤去中)

2004年4月29日【No.53】


このあたりの風景は、開業時とそれほど変わっていないのではないだろうか・・・
もし「小雀駅」が出来ていたら、どのように変化していただろうか。
画像右方に見える車両は、集電レール撤去作業車。そのすぐ下には詰め所の建物ですが、改装して会社が入っています。

 (。=`ω´=)ρStreetView


■54■ 小雀信号所全景 2 

■試運転中or営業中

1966年頃<Tコレクション>【No.54-1】


画像右がドリームランド方。
左上にはホーム上の小屋、車両の下には現役時代の詰め所が収められています。


■休止から36年(撤去中)

2003年8月11日【No.54-2】


画像No.54-1より37年後・・・草木に埋もれてしまい、全景の撮影は不可能に・・・

■休止から37年(撤去中)

2004年4月29日(軌道撤去作業中)【No.54-3】


さらに8ヵ月後、軌道撤去作業のため草木が刈られ、現役当時の姿に近くなり、最後にその優美を見せつけてくれました。


■55■ 小雀信号所全景 3 

■試運転中?

1966年頃<Tコレクション>【No.55-1】


画像No.54-1の別アングルかと思いますが、大船行き車両や、車内に乗客がいないことから、開業前の試運転時ではないでしょうか?
画像右側がドリームランド方です。


■休止から36年(撤去中)

2003年8月11日【No.55-2】


上の画像の車両がいる場所付近ですが、こちらはドリームランド方からの撮影。詰所の様子がわかります。

■休止から37年(撤去中)

2004年4月29日(軌道撤去作業中)【No.55-3】


上の画像からややドリームランド方に下がった位置から撮影。
軌道撤去のために周辺の草木が刈られ、景色はずいぶんスッキリしました。


■56■ 撤去工事のお知らせ 

■休止から37年(撤去中)

2004年4月29日【No.56】


ドリームランドモノレールは、姿を消す運命に・・・


■57■ 小雀信号所全景 4 

■休止から37年(撤去中)

2004年4月29日【No.57-1】


このときすでに、レールの撤去は進んでいます。

■休止から38年(撤去後)

2006年2月21日(軌道撤去後)【No.57-2】


最後まで残っていた小雀信号所も、この時はすでに姿を消していました。


■58■ 小雀信号所 ドリームランド方転轍機付近 1 

■休止から12年(休止中)

1979年2月<撮影:ZUBEBIBO様>【No.58-1】


大船方ポイント同様、転轍機付近にも小屋が存在していました。
この小屋は'86年10月には姿を消していたので、信号機などよりも先に撤去されたことになります。


■休止から35年(廃止後)

2002年9月21日【No.58-2】


上の画像より後(ドリームランド方)へ下がった位置からの撮影ですが、かつてここに設置されていた小屋の台座が確認できます。


■59■ 小雀信号所 ドリームランド方転轍機付近 2 

■営業中?

1966年頃<WSモノレール大船駅Hさん提供−撮影者不明>【No.59-1】


画像No.58と同じく、ドリームランド方転轍機付近の画像ですが、ややドリームランド方へ下がった位置です。
走行中のドリーム号の脇には、検修車が置かれていますが、なぜこのような場所に停まっているかは不明です。


■休止から35年(廃止後)

2002年9月21日【No.59-2】


36年後の同じ場所。

 (。=`ω´=)ρStreetView

■休止から37年(撤去中)

2004年4月29日(軌道撤去作業中)【No.59-3】


ドリームランド方へ下がった位置からの撮影ですが、転轍機のレールをすでに撤去されている様子がわかります。
画像下方には、切断された金属桁が確認できます。


■60■ 小雀信号所全景 5 

■休止から19年(休止中)

1986年10月26日【No.60】


ドリームランド方、離れた場所からの撮影。
信号機や集電レールが撤去される前の姿です。

 (。=`ω´=)ρStreetView

 ■■■ 小雀信号所 PART2へ  →→→

DREAM BoX トップページへ戻る