〜 ネコとの暮らし 〜


日本ホリスティック獣医師協会認定
ホリスティックケア・カウンセラーがお届けするネコとの暮らしあれこれ


たくさんの素敵な時間を共にする大切な家族のために

 
top

blog

プロフィール 

猫の年齢と成長 

食事 

* 知っておきたい基本のこと

* 色々なフードがあって悩んじゃう...

* なんとなく不思議に思うこと〜食通な?ネコ〜

* 要注意!人間の食べ物

* ちょっとならあげてもいい体に優しい食べ物


こんな時ストレスを感じています

* 環境編

* 接し方編

* 食事編

* お手入れ編


トイレ事情

* 選び方のポイント

* トイレのサイズ

* 置き場所のポイント

* トイレの失敗

健康管理

*便秘に注意

*こんな猫が危ない!そしてその理由と対策は・・・

*健康診断Q&A

*「なんか変?」で病気を早期発見!


きちんと知っておきたい
猫エイズ

*猫エイズとは

*病気の特徴

*感染経路

*予防


気をつけましょう家の中の危ないもの

* 誤食しやすいもの

  〜 糸 〜

  〜匂い〜

  〜遊び〜

  〜液体〜

* 事故を起こしやすいもの


ニャンパラリン   〜 ネコのすごい技 〜

* 歩ける幅

* 見えている明るさ

* 聴こえる音

* ジャンプのできる高さ

* 噛む力

* 走ると時速は

* 鳴き声の種類

* 舌のザラザラ


それってどういう意味?

* ボディランゲージ

* わかるかな?ネコ語の色々

* ネコの気持ちは?


シッター予約

* coming soon


 

ニャンパラリン 〜 ネコのすごい技 〜


歩ける幅
         
約3cmあればほとんど余裕で歩けるニャ。ただバランスを取る尻尾が短いニャンコはちょっと苦手かも。肉球がいい感じに湿っているので、滑りにくいのニャ。
見えてる明るさ
     
視力としては人間の1/10程度だけど、光を関知する力は人間の6〜8倍あるニャ。目の奥にあるタペータムとい膜でわずかな光を反射されるので、暗いところでも見えるのニャ。
聴こえる音
        
音を脳に伝える聴神経が人間より1万本多く約4万本あるのニャ。だから高音なら6万ヘルツまで聴き取れるニャ。(人間は2万ヘルツまで)ネコに話しかけるときは低い声より高い声の方が反応するというのはそういうことニャニャ。耳の筋肉もなさそうに見えて実は発達してるからクルッと動かして後ろの音も聞けるのニャ。
ジャンプできる高さ
   
体長の約5倍の高さまで跳べるニャ。腰からかかとまでの骨格がバネのようになっているので、ビヨ〜ンと伸びるときの力でジャンプできるのニャ。
噛む力
          
人は約30kg、ゴリラは約300kgという他の動物との比較やアゴの構造から推測すると、ネコは約50kgの噛む力を持ってるニャ。
走ると時速は
      
走るスピードは時速約48kmと言われてるニャ。ただ持久力がないので本気で走っても5秒ほど^^;ネコは待ち伏せして瞬発力を活かして獲物を取るので、長距離は走らニャい。
鳴き声の種類
      
イギリスの研究者によると、ネコ同士で使われる鳴き声は16種類あると言われているニャ。人間との生活でも何種類か分けて使ってるニャニャ。

ネコ語に興味のある人は覗いてね→ネコ語講座
舌のザラザラ
      
糸状乳頭という味を感じる細胞が角質化したものニャニャ。喉の方向に向かって生えていて200〜300本あるニャ。食べ物を引っ掛けて食道へ運んだり、毛繕いで抜け毛を取り除く役目をしているニャ。ネコに舐められるとそのザラザラの感触がわかるニャ。


 








 
- Copyright nyanmewchu -