サムイ島の思い出

サムイ島の旅行記。サムイ島でたくさんの思い出ができました。


 
3回目のサムイ島上陸
サムイ島初日
サムイ島2日目
サムイ島3日目
サムイ島4日目
サムイ島5日目
サムイ島6日目
サムイ島7日目

 
サムイ島ナイトライフ
サムイ島ホテル
ボプットビーチ
タオ島
サムイ島へのアクセス
サムイ島のビーチ
サムイ島ダイビング
サムイ島ツアー
サムイ島ホテル選び
サムイ島移動手段
タイリンク
リンク2
お役立ちリンク

サムイ島の隣島=パンガン島


タイにはマレー半島を挟んで、両側に2つの大洋が広がってます。西側はインド洋へと広がるアンダマン海。アンダマン海にはプーケットやピピ島等の超有名リゾートがあります。マレー半島の東側はタイ湾と呼ばれる海、タイ湾には西側ほど多くの島はありませんが、最も大きく栄えている島がサムイ島です。
実はサムイ島の周りには、他にも有名な島が2つあります。一つは隣のパンガン島。更にその奥にタオ島があります。
飛行機の飛んでいないパンガン島は、今も多くの自然が残る素朴な島ですが、パンガン島は実は知る人ぞ知る“パーティーアイランド”なのです。
一番有名なのが、毎月満月の夜に開かれる“フルムーンパーティー”日本語直訳は“満月の集い”になりますね。フルムーンパーティーは、パーティー 好きの若者の間で世界的に有名なパーティーで、毎月フルムーンパーティー近くになると、大変多くの若者たちがパンガン島へやってきます。


タオ島

 
サムイ島周辺で最も海の透明度が高く、ダイビングやシュノーケリングに人気の島が タオ島。サムイ島の隣がパンガン島で、更にその隣がタオ島です。サムイ島からタオ島までは船で約90分。ちょっと遠いけど、エメラルドグリーンの海や、 さんご礁や熱帯魚を見たい人には、お勧めの島。
パンガン島と同様にタオ島にも空港は無いので、タオ島へ行くには必ず船に乗らなければなりません。上手に飛行機を乗り継いでも日本からは、 同日中に到着することができないので、タオ島に宿泊している旅行者は、時間の自由な若い旅行者が多いのです。
タオ島はダイビングで有名な島。驚くことに、タオ島に大小30以上のダイビングショップがあるのです。タオ島を訪れる、ほとんどの旅行者が ダイビングを目的にしている人たちです。(近年一般旅行者も増えてますよぉ!)
時間があればタオ島に滞在して見たいけど、サムイ島を訪れる多くの人は3泊4日か、4泊5日が一般的なので、この日程でタオ島に宿泊するのは、 ちょっと無理かも。あきらめずにサムイ島からタオ島ツアーに参加して、きれいな海を見てみましょうね。
ちなみに海のきれいなタオ島周辺でも、一番キレイなのが、タオ島の沖に浮かぶ小さな島“ナンユアン島”。島全体が珊瑚で囲まれたような 小さな島で、とっても素敵な島なので、是非言ってみてくださいな!

サムイ島旅行記