サムイ島の思い出 ホテル開発は続く

サムイ島のホテル開発はまだまだ続く。チョーンモンビーチは私のお気に入りビーチ。


 サムイ島旅行記目次
3回目のサムイ島上陸
サムイ島初日
サムイ島2日目
サムイ島3日目
サムイ島4日目
サムイ島5日目
サムイ島6日目
サムイ島7日目

  サムイ島情報
サムイ島ナイトライフ
サムイ島ホテル
ボプットビーチ
タオ島
サムイ島へのアクセス
サムイ島のビーチ
サムイ島ダイビング
サムイ島ツアー
サムイ島ホテル選び
サムイ島移動手段
タイリンク
リンク2
お役立ちリンク

チョーンモンビーチ トンサイベイ

サムイ島チョーンモンビーチ

サムイ島の北東部分の半島に位置するビーチがチョーンモンビーチ。チョーンモンビーチにはトンサイベイ、シラエバーソン、インペリアルボートハウス、 サムドラ等のホテルがある。チョーンモンビーチは幅2キロ程度の小さなビーチだが、砂は細かく手触りが良い。(サムイ島で一番細かな砂かもしれない。) チョーンモンビーチ周辺は開発が進み、どんどん新しいホテルやリゾートがオープンしているが、それに合わせてチョーンモンビーチの街にも、レストランや 土産物店が増えている。
少し前までチョーンモンビーチの街には、商店が少なかったので、食事や買い物は不便だったが、現在は食事も買い物も少しは楽しめる街になってきて、 一層ビーチとしての魅力が増している。トンサイベイは私のお気に入りホテルでもある。


郊外に広がるサムイ島のホテル

 

2000年頃までサムイ島でホテルの多く建つエリアと言えば、チャウエンビーチがメインで、他のエリアにはあまりホテルは多くなかった。
サムイ島の開発が進み、人気が高まり観光客が増えて、土地の値段が高騰すると、ホテルやリゾートの開発はサムイ島の郊外へと広がっていった。
今でもサムイ島で最も栄えているエリアはチャウエンビーチだが、どちらかと言うと、他のビーチに滞在中に食事や買い物に訪れたりする 観光客が多いようだ。
滞在するビーチを選ぶ際には、各々が目的に合わせて様々な要素を考慮するわけだが、私からも一般的なアドバイスをしておきます。@滞在の短い人は チャウエンビーチやボプットビーチのような、ビーチ+買い物+食事の3要素を持つビーチに滞在。A滞在が比較的長い人は、メナムビーチや チョーンモーンビーチ等の郊外のビーチに滞在して(チャウエンビーチと比べて宿泊費も安い)、バイクか車をレンタルして行動
チャウエンビーチには全ての要素が揃っているが、街には商店があふれ、その様子は必要以上とも言える状態で、人によっては騒々しく感じ られるかもしれないが、家族連れなどで徒歩で気軽に動き回りたい人にはオススメ。騒々しいのを遠慮したいという人は、ボプットビーチは静かで 雰囲気もありながら、必要な要素が全て揃っているので良いかもしれない。


サムイ島旅行記