サムイ島の思い出

サムイ島の旅行記。サムイ島でたくさんの思い出ができました。


 サムイ島旅行記目次
3回目のサムイ島上陸
サムイ島初日
サムイ島2日目
サムイ島3日目
サムイ島4日目
サムイ島5日目
サムイ島6日目
サムイ島7日目

 
サムイ島ナイトライフ
サムイ島ホテル
ボプットビーチ
タオ島
サムイ島へのアクセス
サムイ島のビーチ
サムイ島ダイビング
サムイ島ツアー
サムイ島ホテル選び
サムイ島移動手段
タイリンク
リンク2
お役立ちリンク

ビーチボーイの甘いささやき

サムイ島チャウエンビーチ

甘い言葉をささやく、ビーチボーイ

サムイ島のビーチでは、何箇所かでジェットスキー、バナナボート、水上スキーや、ウェイクボードのサービスが行われている。この種の商売は、地元民の専売特許らしく、外国人などはこれらの商売にはいりこむことはできないらしい。これらのサービスでは、必ず真っ黒に日焼けした、ビーチボーイがサービスに当たる。肌の白さを美徳とするタイ人には不人気な彼らだが、都会から出てきた外国人の中には、その野性的な魅力に魅了される女性も少なくない。ただし、リスクもあるので、火遊びはほどほどに。

サムイ島4日目

 

今日は、昨日、夜遅くまで遊びすぎたせいだろうか、目が覚めたときは既にお昼近かった。
友達も同じだったようで、隣でまだ寝ている。

今日もベッドから抜け出たあとは、デッキチェアーでゴロゴロしながら過ごした。

すると、今まであまり話しかけて来なかったビーチボーイの男の子が話しかけてきた。
“昨日、グリーンマンゴーにいたでしょ?”
なぜ、知っているのだ!?
“ボクも遊びに行ってたんだ、昨日。見たよ。一緒にいたタイ人は彼氏?”

なぜ、一緒にいただけで彼氏になるんだ!?

でも、そんな話がきっかけとなって、ビーチボーイの男の子と仲良くなった。
海で一緒に泳いだり、お客さんがいないときはジェットスキーにただで乗せてもらったり、昼真っからだけど、一緒にビールを飲んだりもした。
昨日まではすごく怖いと思っていたけど、話をすると意外に普通。
見た目は怖いけれど、なかなかいいヤツだ。

夜、よく行くというレストランで一緒に食事をしたが、彼らの気配りはすごい!!
彼らは当たり前のように食事を取り分けてくれ、グラスにはいっているビールが少なくなったなぁと思い、次にグラスへ目を移すと、既に注がれている。
ケアが細かいというか、周りをよく見ているというか、とりあえず、日本の男性も見習うべきでしょう。
これが、タイ人の男性は優しい!!と言われる理由なのかな。

>>続きを読む

サムイ島旅行記