ウスキシロチョウ
科  名
シロチョウ科
属   名
Catopsilia
種   名
pomona
命 名 者
Linnaeus
無紋;2006.03.03:宜野座村松田
無紋;2006.03.03:宜野座村松田

無紋;2006.01.20:宜野座村松田
1.形態:前翅長32舒米癲∽造良修涼録Г蓮◆蕕白で基部が黄色。翅の裏には銀色の小紋がある固体とない固体の2タイプがある。最近までこれら2タイプは別種として扱われていた。銀紋型の中には、銀紋のまわりに赤褐色の紋が発達した赤斑型とよばれるタイプもある。

2.生態:食草の少ないところでは、銀紋型が多く、本で迷い蝶として採集される固体はほとんど銀紋型であることから、銀紋型の方が、移動力があり、こららの型は相変異によるものと考えられている。

3.分布:沖縄本島、宮古島、石垣島、与那国島。
:東南アジア、ソロモン諸島、オーストラリア北部。

4.出現期:周年。

5.食草:ナンバンサイカチ、ハネセンナ、タガヤサンなど。

6.幼虫:**

蝶の仲間たちに戻る