リュウキュウムラサキ
科  名
タテハチョウ科
属   名
Hypolimnas
種   名
bolina
命 名 者
Linnaeus

2006.02.28:宜野座村松田浜

2006.02.28:宜野座村松田浜

2006.03.04:宜野座村松田浜
1.形態:前翅長は43〜50

2.生態:リュウキュウの名に反して、土着していな。迷い蝶として沖縄の各地に採集されている。♂に比べ♀は地理的変異が著しく、その斑紋から迷い蝶の出身が判別できる。
一度渡来したら繁殖力が強いので、土着種より個体数が多くなることがある。
海岸線で多く見られ、食草は、海岸線や荒地に多い。

3.分布:国内は迷い蝶
:東南アジアからオーストラリア北部

4.出現期:八重山諸島では冬季を除いて比較的多く見られる。

5.食草:サツマイモ、ツルノゲイト、キダチハマグルマ

6.幼虫:****

蝶の仲間たちに戻る