レシピの組み合わせ

 ここでは一例として、数人の仲間を招いて楽しんだ、秋の味覚パーティの私の献立をご紹介しましょう。
とはいえ、そんなに特別なものではなく、気の合う仲間がふだん着で集まった食事会です。
ポイントは、旬の味覚をふんだんに取り入れたこと。
お招きした方々に、じゅうぶん秋を堪能してもらえたらうれしい。
そんなふうに考えて、献立を作ってみました。
 まず、何料理にするか。これはすぐに和食に決まりました。
 次は素材。ですから、きのこをふんだんに使ったものにしようと考えました。
それなら、きのこごはん。そして、きのこごはんに合うような、魚介類と肉類を使った料理をそれぞれ何か考えてみることにしました。
ちょうど青菜の高い季節ですが、安くておいしい野菜もたっぷり食べたい…というふうに決めて、制限のある中で献立を作るのは、とても楽しいものです。

 考えた結果、最終的な献立は、ちりめんじゃこたっぷりのしめじごはんと吸い物、エビの香り巻揚げ、牛肉とひじきの炒め煮、大根のみそドレッシングサラダ。
 デザートは秋のフルーツの和風マチュドニアに決まりました。

 旬のきのこを満喫していただきたいから、ごはん自体は昆布を入れて、ごくごく薄味に炊きます。
油揚げも入れますが、それだけではちょっと物足りない感じです。
そこで炊き上がってからちりめんじゃこを加えてボリューム感を出すことにしました。
これなら仕上がりに入れるから手軽だし、動物性たんぱく質が補えるので、栄養面でも充実します。
旬の味覚パーティ
レシピを大公開!

SINCE 2008/00/00
UPDATE 2008/00/00

(C)レシピの組み合わせ