TOP 喫茶メニュー 製菓メニュー メンバー ほっと通信 ●カレンダー リンク ●掲示板  

 

〜喫茶ほっと事件簿〜

管理人は見ていた!!

 

 

 

このページは、喫茶ほっとで日々巻き起こる出来事・事件などを、

HP管理人たっちゃんの偏見の目を通して綴る事件簿です。

 (チクリ・ネタ提供大歓迎ッス)

 

 

 

 

「仕事にならない?」2009/4/28

 

ここのところ、一部の喫茶メンバーの間でひそか?に楽しんでいることがあります。

それは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、詰め将棋です。

 

厨房のロッカーに貼ってあるホワイトボードに書いてあって、

喫茶メンバーのまーくんが週3日の仕事のたびに更新してくれます。

 

もう、なかなか解けないんだけど、コレがクセになる面白さ。

 

普通の詰め将棋の本とかだと、自分が正解にたどり着いたと思って、

解答ページを見てみたら間違っていたなんてことがあります。

そうするともうその問題を解く達成感はなくなってしまいますが、

ほっとの場合は初代まんまる将棋王座のまーくんが、

正解か不正解かを言ってくれるので、

答えが間違っていても、「ううう・・・違ったかぁ」ってな具合で、まだまだ楽しめるのです。

そんなわけで、喫茶では、ロッカーの前で腕組みをして、

固まっているメンバーの姿が・・・いや、たっちゃんもですが(笑)。

 

あはは。仕事になんねぇ。

 

ちなみにこの問題の答えが分かった方はメールください。

あ、分からなかった方も。正解教えま〜す。

 

 

 

 

 

 

「るお〜んどん」2009/3/13

 

喫茶がやけに暇なとある日、

メンバーのYッキーが厨房のメンバーとしりとりを始めました。

この日は今月で一番売上が悪かった日で、

暇にまかせたしりとりも、延々と続いていました。

 

Yッキーは相手のNさんに対して、単語が少ない「」や「」で攻めていましが、

いつの間にか自分が「」で始まるを探して悩むハメになっていました。

よくあるパターンですよね。

 

段々とるで始まる単語が見つからなくなり、

行き詰ったYッキーが言ったヒトコトは、

 

る、るぉんどん・・・

 

私の記憶が確かならば、イギリスの首都は

「ロ」から始まる都市だったかと・・・。

 

っていいうか、最後「」になってるし・・・。

 

若いのにオヤジギャグばっかり言って滑ってるYッキーですが、

受けを狙いにいくより、このまま天然でいてほしいと思う今日この頃でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「200%だよ!!」2009/1/30

 

ちあきちゃんと言えば、喫茶ほっとでは買い物好きで有名で、

特にカバンに関しては、お金があろうと無かろうと(?)、

食費や生活費を削ってまで買い物をしてしまう立派な(?)買い物依存症です。

(仮)ほっと通信の16号で脱ブランド宣言をしたにもかかわらず、

最近では新しいカバンを買っては、古い方を手放すという日々・・・。

しかも 買うという行為 自体が目的なので、

手に入れた瞬間からテンションは大幅に下がりはじめます。

 

さて、ある日ボランティアのなおこが、

「買い物依存症チェックリスト」というものを持ってきて、

ちあきちゃんにあげていました。

 

 

それからしばらくして、ちあきちゃんの大きな声が。

 

「ちょっとぉ〜!、たっちゃ〜ん。

 

ビックリだよ〜!。」

 

さっそく買い物依存症チェックリストをやったようです。

チェックリストの20項目中14項目に自分が当てはまることを知り、

 

「驚いたよ。アタシ、ホントに依存症だったんだね。」

 

とか言い出します。。。

 

それを聞いて、

 

「はぁ?今さらナァ〜ニ言ってんだぁ。200%依存症だろがっ!!」

 

ワタクシ。

 

ワタクシとしては、むしろ14項目しかあてはまらなかったことで、

「このチェックリストちょっと優し過ぎるんじゃないの?」と思ったくらい。

 

むしろ、本人が「全くの」無自覚だったことの方に驚きです。

 

「いやぁ、自分でも買い物依存って言ってたけどさ、

大した依存症じゃないと思ってたんだよね。」

 

とは本人の弁。

 

というわけで、

「大丈夫です。ワタシが保証します。360度どっから見ても。

200%買い物依存ですよ。自覚が薄いあたりもかなりいい感じ」

 

とお墨付きをあげました。ちゃんちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

「失敗」2008/8/14

 

喫茶ほっとの番人と言えば、泣く子も黙る「おーつき」さんのこと。

 

その「おーつき」さんが先日、電子レンジにかけてはいけない、

 

タッパーのフタを電子レンジにかけて

 

グニャグニャにしてしまいました。

 

 

 

それがコレ↓。

 

 

 

 

電子レンジの前に貼られて、みんなを勇気付けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ぴあサポート部発足?!」2008/8/1

 

ほんの数日前の出来事ですが、喫茶部のターボエンジンとも呼ばれるチューさんが、

 

腹痛で仕事をお休みしていました。

 

普段めったに休まず、バリバリ働いているチューさんが、

 

夜も眠れないほどお腹が痛かったというコトで、みんなとても心配。

 

仕事終わりに行った夕食会(チューさんも来るはずだった)の席で

 

これからチューさんのお見舞いに行く話になり、

 

なんならそのまま一緒に病院に連れて行こうかとまで話が発展。

 

金欠が板についてきたちあきちゃんに至っては、なけなしのお金

 

(ほっとに支払うためにとっておいた暑気払いの負担金)に手をつけてまで、

 

家から出ていないチューさんのためにおかゆやスポーツドリンクを差し入れするとのこと。

 

金を持っていなくても素敵な仲間がいるいい感じと、

 

人の苦労をただヒトゴトとして感じるのではないみんなの豊かさを感じましたよ。

 

ほっとには他にも一人暮らしの人がいるので、

 

「なんかあった時は助けあおうね〜」な〜んて話していて、

 

お金も出さず、口だけ出していたオイラも、なんだか豊かな気持ちになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「消えた!アニキの1時間」 2008/6/4

 

それは62日(月)のこと。

 

いつも9時半過ぎにはほっとに来ているアニキが、

 

その日は珍しく、仕事の始まる10時を目前にしてもほっとにやって来ない。

 

かつて泥酔して自宅階段から転がり落ち、眉の上を5針縫ったことのあるアニキだ。

 

連絡なく仕事に来ないのは気にかかる。

 

 

10時を待ってアニキの自宅に電話する。・・・・・・・が、10回コールしても取らない。

 

まだ寝ているのかもしれないと思って数度を掛けなおすが全く電話に出ない。

 

 

いつもアニキがしている買い物の仕事はナギーが引き受けてくれたが、

 

一人暮らしだし、ここのところ体調があまりよくないアニキだけに、ちょっと心配だ・・・。

 

 

「どうしたんだろうね」「なんかあったのかなぁ」と話していると、

 

10時半を回った頃にアニキがひょっこりやってきた!!

 

その第一声は、

 

 

 

 

 

「アレ?もう仕事始めてるの?」

 

 

 

 

 

だって、もう10時半だよ、アニキ・・・。

 

自分の腕時計を見て、

 

 

「あ、ほんとだ」

 

 

アニキはいつも通りに家を出て、いつも通りにほっとに来たつもりったのだ。

 

しばらくしてもまだ、自分が1時間間違えていたことがピンと来ない様子のアニキ。

 

「どおりで、バスが来ないと思ったよ。」

 

62日の月曜日は、1日が23時間しかない気がするアニキでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

「道場破り」2008/2/24

2/24は喫茶ほっとが加入している「たかつ連」のイベント、

第2回ええんじゃないか祭りがありました。

会場は喫茶ほっとの入っているてくのかわさきホール。

チャリティオークションや、川崎ダルクによるエイサー(琉球太鼓)、

飛び入り一言アピールコーナーに、関係各団体からの

一芸披露などの出し物があり、

販売コーナーでは喫茶ほっとの手作りお菓子をはじめ、

各団体のバザー、自主製品販売コーナーがあり、

食べ物コーナーでは

豚汁、おにぎり、味噌田楽に焼き芋、焼きかぼちゃなんてのもありました。

 

そんな「雑多・混沌」をテーマにしたようなお祭りの中、

「たかつ生活支援センターまんまる」のT松氏のキモイリで企画されたのが

道場破り道場です。

喫茶ほっと店内に大型ディスプレイとプレステを持込み、

T松氏、某ケースワーカーK子氏、某作業所S本氏の3人が

人気サッカーゲームの師範となり、彼らを倒すことが出来た人には

喫茶ほっとのドリンク券進呈という企画です。

メイン会場であるホールの熱気とは違った

静かな盛り上がりを見せていました。

 

様々な挑戦者がいる中で、当日某保健福祉センターの

K泉さんのお子さん、リョウ君(小学校低学年)も参戦。

そこで対戦相手となっていたのは、

穏やかな人柄と骨惜しみしない働きぶりで人望厚いT松氏。

祭りの裏方仕事の合間に二人の戦いを覗いてみると、

3−0でT松氏が勝っている

小学生相手に・・・。

さらに、これだけ点差が開いていても容赦なく攻めるT松氏。

リョウ君が自軍GKの不甲斐なさを嘆きだしても攻め続けるT松氏。

「コイツ、おとなげねぇ。」

 

その試合の結末までは見ていませんが、

負けず嫌いのT氏がその後も得点を重ね続けたのは言うまでもありません・・・。

自分が子供の頃に思っていた大人って、

もっと立派なもんだと思ってたけど、

実際なってみるとそうでもないよね・・・。

 

ちなみにワタクシたっちゃんが1−0でT松氏を破り、

師範の肩書きをゲットしたことをここに明記しておきます。

 

 

 

 

 

「早くも挫折か?!」2008/2/5

「ちあきの大いなる野望」にて大々的に脱ブランド宣言?をしたちあきさん。

とある日、髪を切りに出掛けた先に待ち受けていたのは、

自分が知る限りでは、かなりお安い値段で売っている

某ブランドのバッグだった。

これから家を出て新しい生活をするため、

少しでもお金が必要なはずだが、

走り出した彼女の心を止められるものは・・・。

 

 

 

 

「なんでエプロンを!?」 2008/1/23

雪が降る中、一週間ぶりに仕事に出てきたナギー

ほどほどに混んだランチタイムを終えて、エプロンをカバンにしまい、帰る準備をしている。

それを見たまーくんがヒトコト。

「明後日も仕事あるのになんでエプロン持って帰るの?」

そうそう、この日は週の真ん中水曜日。

ナギーは月水金と働いててまだエプロンを使うはず。

ナギー:「明後日、仕事に来る自信がない・・・。」

一堂さすがナギーだと大笑い。

しっかり気付くまーくんも凄いが本当に持って帰るナギーナギーだ。

帰り際、明後日の出勤については言明せず帰っていきました。