Baron Francois-Pascal Gerard

フランソワ・ジェラール

イタリア ローマ出身

1770-1837

 新古典主義

 


 

 

”アモールとプシュケ”

1798年

ルーブル美術館所蔵

 

 

 

 

フランソワ・ジェラールは、フランス人の父とイタリア人の母との間に生まれました。

1770年に生誕して以来12歳までローマで過ごしますが、その後、家族とともにパリへと居を移します。

そこで12人の若い芸術家を育てる「王の寄宿舎」へと入りました。

そして次には彫刻家オーギュスタン・パジュー、画家ニコライ=ギイ・プルネのアトリエで学びます。

1786年にはジャック=ルイ・ダヴィッドのアトリエに入門しました。

1789年にはローマ賞コンクールで、アンヌ=ルイ・ジロデ=トリオゾンに次ぐ二等となります。

1795年にはサロンに出品した「ベリサリウス」で初の大成功を収め、その3年後に出品した「アモールとプシュケ」でさらに大きな反響を得ました。

1800年以降、彼の名声は決定的なものとなります。

それは皇帝ナポレオン一家や帝政の高官たちによって引き立てられたからです。

帝政の崩壊後も彼の人気は衰えず、1817年には国王ルイ18世の公式画家に任じられました。

彼はダヴィッドの流麗で静的な画風の新古典主義を受け継いだ画家だったのです。

 

 


前画面へ