DQ3RTA 2時間55分22秒 プレイレポート

 

2010.07.23追記:豪傑で記録更新!解説動画・レポート完成しました!
2時間50分レポートはこちら

2010.07.04追記:レポート本文、チャート書き換え、考察、謝辞、解説動画 全て終了しました!
ミス、及び調べ中の所は事実が明らかになり次第追記致します。


解説動画はコチラ。ニコニコ動画のアカウントが必要です。

前回の記録2時間56分47秒はこちらを参照してください。

【プレイ環境】
実機+HORI FIGHTING COMMANDER(連射機)

達成日:2010年6月27日
記録:2時間55分22秒
レポート執筆完了日:2010年7月4日

【ラップタイム】
アリアハン出発 4:44
盗賊の鍵 9:19
ロマリア着 12:59
魔法の鍵 17:21
ロマリア出発(カザーブへ向けて出発) 25:47
シャンパーニの塔到着 29:24
カンダタ1撃破 34:19
ハバラタ着 38:17(勇者以外死亡)
カンダタ2撃破 46:38

ガルナIN 56:31
賢者転職 1:12:36
バイキルト習得 1:21:22
魔戦士転職 1:21:47

ボストロール撃破 1:34:53
シルバーオーブ取得 1:47:54
やまたのおろち1撃破 1:50:55
やまたのおろち2撃破 1:53:17
ラーミアの祠出 1:59:50
バラモス開戦 2:04:17
バラモス撃破 2:07:15

ルビスの塔リレミト 2:19:20
虹の雫入手 2:21:54
ゾーマ城IN 2:26:08
祭壇着 2:34:12
ゾーマ戦開始 2:40:18
ゾーマ撃破 2:48:20
TO BE CONTINUED 2:55:22

【チャート】
長いのでコチラ

【実際のプレイ】
【序盤】
・勇(怠け者)、戦(鉄人)、盗→賢(鉄人)、魔→戦士(頑張りや→一匹狼)
・ポルトガで2エンカ。エンカウントリセットの3歩手前でエンカし、大丈夫だろうと突っ込んだらもう1エンカ。
しかし、2エンカ目はデスフラッター+さまよう鎧でセーフ。3逃げミスしたけど。
・ロマリア出発後、さまよう鎧1に襲い掛かられ、盗賊が2発殴られて死亡。更に痛恨で戦士が死亡。カザーブで蘇生。
・カンダタ1戦が下手。リハビリですから。
・アッサラーム〜ハバラタ間において、最初のエンカウントでヒードギズモ4を引き、何を勘違いしたか逃げ
非常に低級なミスです。地獄のハサミと間違えた。久々とはいえ、これはあり得ない…。
しかも狙ったかのように魔法使いが死亡、魔が死んでは戦う意味がないのでこの区間全逃げ。
バハラタ着で、勇者1人のみ生存。非常に危ない冒険でした。
・バハラタでは全逃げした影響で金が無く、暗算しながら買い物。教会は最後に行くので蘇生代もね。

【中盤】
・今回は毛皮のフードを取っていないので、消え去り草購入の際にお金が足らず、命の木の実を1個売却。
・操作が低級。海賊のアジトでレッドオーブの所の岩で半歩ずらしを失敗したり。
チャート変更:盗賊の鋼の鞭を売却して毒蛾の粉を購入。
盗賊の装備変更が面倒なので、盗賊はいかずちの杖使用&毒針固定です。
ガルナの塔では、
戦(棺桶)、盗(いかずちの杖使用、毒針常時装備、毒蛾の粉)、勇(鋼の鞭、鋼の剣、毒蛾の粉)、魔(ベギラマ、イオ、毒蛾の粉、毒針)
と役割分担
します。
・ガルナの塔初戦でメタスラ6、しかし撃破は1。残念。
・賢者転職後、ムオルに。宿屋と皮の腰巻だけね。
・ムオルに行く際、しびれくらげ4:驚き止まっている を逃げてしまった!! ガルナ2回目は賢者、魔法使いの2人で行くので、これは戦うが正解です。スカイドラゴン怖いので。

【中盤バイキルト以降】
・ルートを攻撃戦術に変更。マジカルスカートをカットしてゾンビキラー2本購入するので、テドン着は昼で良いです。
・忍び足のミス「忍び足の効力が(略」を出すこと複数回。
・暗算を失敗し、風塵の盾を回収。回収しただけ。
・ボストロール、初ターンで魔封じが入らず、1回アストロン。
その後はルカニが速く、ゾンビキラー2の効力を生かして速攻で撃破。
賢者13だったから痛恨封じずに速攻撃破です。1人落ちたけどね。

・変化の杖6回。
王者の剣をカットする関係上、種を徹底的にカット
・火山の後のエンカウントが鬼。
アッサラームからネクロコンドの洞窟入るまで4回、ネクロコンド洞窟内3回。
更にジパングの洞窟でも1回エンカウントとか、ボストロ〜おろち区間のエンカウントが本当に腐っていた。
更に対処法も無能。戦士死亡、魔戦士死亡、賢者死亡未遂。賢者が死亡していたら発狂ですね!
・おろち1は眠い。おろち2が強い。
・バラモスは結構簡単でした。上記の件でタイムに余裕がなかったので、スクルトやらずに特攻。

【終盤】
王者の剣をカットします。
怠け者において王者の剣をカットすると、力の種、素早さの種の回収も同時にカットできますので、かなり時間短縮になります。
雑魚処理、キングヒドラ、バラモスブロス&ゾンビは若干時間かかりますが、ゾーマ戦はメラミ&稲妻の剣使用、刃の鎧反射で対抗します。
怠け者らしく逃げたい戦闘はとことん逃げます。
動く石像1+マドハンド1+サラマンダー1+動く石像1 とかがこれに該当します。(本プレイでも実際にこのエンカウントが起こり、逃げました。)

若干エンカウントが多かった気がします。
バルログ+トロルキングから逃げたり。
これは一見無能ですが、エンカウントが爆裂する中、まともに戦うと2時間55分台が出そうもないので一か八かの逃げです。
こういう所も、前回の考察で書いた攻撃と守備のバランスが絶妙で面白いです。バシルーラあまり効かないし。

あと、破壊の剣は回収します。これは金策であるという理由以外に、ゾーマ戦がメラミ主体であるという理由も含まれます。

【全体】
久々とは言え、要所の判断が甘いです。特に雑魚戦の対処。
終盤はもう記録狙う為に逃げたのでいいのですが、序盤のヒートギズモ4から逃げなど、あり得ない逃げを起こしました。

【考察】
前回より序盤が遅く、終盤が速いです。
これは攻撃と守備のバランスですね、かなり攻めました。
安定と最速、攻撃と守備の駆け引きがDQ3RTA内で最も面白い要素と思っています。

今回のプレイですが、前半は結構適当に行っています。
これにより前回より2分半遅れ。

2時間56分レポートの時も書いてますが、極端な例を省くと、
バイキルトまで:1:19〜1:30
バイキルト〜クリア:1:33〜1:41
と考えられるので、全部最速取れば勇者怠け者の現在の限界点は2時間52分という事になりそうです。

が、これの成功率はかなり低い事、そして怠け者でも戦術によっては後半1時間33分を出せるという事を確かめたかったが故、
本プレイでは前半普通、後半攻め、とさせて頂きました。

並走(対戦)の時、豪傑勇者(←超火力で終盤早い)相手にバイキルト習得時点で負けていても、(成功率こそ下がるものの)巻き返しが出来る。
その事を実証出来ただけでも、今回のプレイは有意義だったと思います。

また、リスナーさんから1つ質問を受けたので、この場を借りましてお返事させて頂きます。
破壊の剣を取らずにオルテガの兜+誘惑の剣+金のクチバシ+炎のブーメランの方が良いのでは、とのご指摘を受けましたが、
ゾーマ戦がメラミ&刃の鎧&稲妻使用主体なので、もし祈りが途中で壊れた際に補充出来るという理由により、私は破壊の剣1本コースを選んでいます。

ですが、破壊の剣までフィールドで1エンカ、洞窟内で1〜2エンカする事を考えると、
オルテガの兜+誘惑の剣+金のクチバシ+炎のブーメランの方が早いです。
そして、ご指摘通り最速戦術ならば最速を選択するべきであり、本プレイは最速と言いながらもMP的に安定を取ってしまったと思います。

最後になりますが、安定を取っているようでは(大幅戦術変更が起きない限りは)2時間55分は切れないと思います。
3時間00分〜05分ならそこそこ安定を取っても出せますが、2時間55分切りとなると、安定を捨てて全力疾走する必要があります。

本レポートを読み、2時間55分切り達成者が現れる事がありましたら、本当に幸いです。
私が挑戦するかどうかは未定ですが、バイキルト1:22なら射程圏内なので、全滅を覚悟で行うかもしれません。
成功率は相当低いと思われますので、気長にお待ち下されば幸いです。

【謝辞】
謝罪:前回の2時間56分の時はわからない事を「わからない」「調べ中」と明記せずに誤解を招きまして、大変申し訳ありませんでした。

・ぺけぽこさん
DQ3 RTA元世界記録動画3時間13分22秒
基本戦術のベースにさせて頂きました。

腹黒パンダさん
勇、戦、盗→賢、魔→戦のメンバー発案者です。
その他、メタル狩りは昼の方が効率が良い等、短縮に優秀なデータを多数参考にさせて頂きました。

・ドノさん(サイトURL調べ中)
ガルナの塔における、毒蛾の粉を用いたメタル狩り発案者です。
この方の発見で、タイムが劇的に伸びました。

基本戦術のベースとなったぺけぽこさんの動画と異なる所で、
カンダタ1先行、海賊のアジト下の森のエンカなし、聖水使用、ボストロールの痛恨封じ、やまたのおろちに眠り、王者の剣カットなどに関しては、
生主(※生放送を行う人間)同士の会話、またはリスナーさんからのアドバイスによってヒント及び答えを得られたものであり、
これは特定が不能であり、大変申し訳ないですが、情報元がわかりません。
もしわかりましたら、追記させて頂きたく思います。

直接的なものは以上です。
ニコニコ生放送という匿名で行われる放送の関係上、情報が氾濫し、謝辞を正確に書くのが難しい為、
私一人の力では、これが限界です。お許し頂ければ幸いです。

最後になりますが、本プレイレポートを作成するに当たり、様々なRTAプレイヤー様の戦術と知恵を拝借させて頂きました。
この場を借りまして、感謝申し上げます。ありがとうございました。

2010年7月4日 ガーネット
トップへ戻る