◆ HDGraph 1.3.0 / 1.4.1.0 Beta

ドライブ、フォルダの容量をパイ チャートで表示
取得できるのはフォルダの情報とフォルダ内のファイルのトータル サイズだけです。 個々のファイルの情報は取得しません。
1.4.1 Beta バージョンは分析・描画用のエンジンを二種類実装しています。

>>作者サイト

>>1.3.0 ダウンロード ページ
>>1.4.1.0 Beta ダウンロード ページ
バージョン 1.3.0 は _light_1.3.0.zip をクリックしてダウンロード。SetupHDGraph_Sources_1.3.0.msi, SetupHDGraph_English_1.3.0.msi, SetupHDGraph_Francais_1.3.0.msi の三種はインストーラ版で Sources はソース コード同梱、Francais はインストール作業が仏語になります。
バージョン 1.4.1 は HDGraph 1.4.1.0 Beta.zip のみでインストーラ版はありません。
ダウンロードが開始されない場合は、移動先ページで 「Problems with the download? Please use this direct link or try another mirror」 の 「direct link」 または 「mirror」 をクリック

イメージ (1.3)

バージョン 1.3.0 用日本語ランゲージファイル2010年10月28日
バージョン 1.4.1.0 Beta 用日本語ランゲージファイル2011年4月13日
日本語化キットの使用により発生した障害・損害に対して、当方は一切の責任を負いません。個人の責任において使用してください。

HDGraph 1.3.0 の日本語化方法
1. 解凍して得られた ja-JP フォルダを中身ごと HDGraph 1.3.0 のフォルダへコピー。
2. HDGraph を再起動。
3. メニューの Tool - Language を選択。ドロップ リストから「日本語(日本)」を選択して「Apply」ボタンをクリックして再起動。

HDGraph 1.4.1.0 Beta の日本語化方法
1. HDGraph 1.4.1.0 Beta のフォルダにある HDGraph.exe.config ファイルを他のフォルダ等へコピーしておくか適当な名称にリネームしてバックアップ。
2. 解凍して得られた HDGraph.exe.config と ja-JP フォルダ、 Plugins フォルダを中身ごと HDGraph 1.4 のフォルダへ上書きコピー。
3. HDGraph を再起動。
4. メニューの Tool - Language を選択。ドロップ リストから「日本語(日本)」を選択して「Apply」ボタンをクリックして再起動。
(1.4.1.0 Beta は英語表示が残る箇所があります)

元の状態に戻したい場合は 1.3.0 では ja-JP フォルダを削除してください。1.4.1.0 Beta では ja-JP フォルダと HDGraph.exe.config ファイル、Pligins フォルダの中の ja-JP フォルダを削除してオリジナルの HDGraph.exe.config ファイルを戻してください。

@@@@@@

1.3.0, 1.4.1.0 Beta ともに HDGraph のフォルダへ日本語ファイルをコピーしたのちは、言語を英語または仏語表示に切換えても一部に日本語表示が残ります(日本語ファイルが存在しない場合に仏語に切換えても英語が残ります)。ユーザーの Application Data (LocalApplication Data) フォルダにある HDGraph の 設定ファイルを削除すると一時的に解消されますが、設定ファイルが再度作成されると元に戻ります。プログラムの仕様のようです。