Jalan-jalan Indonesia

この場所について知ったのはユドヨノ大統領が休暇でくつろいだというニュースを何年か前に新聞で見たときでした。
 忙しいですが、今日は
Desa Losari Grabag ? MagelangのLosari Coffee Plantation Hotel and Spaにいる。驚くほどの高級感のあるホテルで、値段も一人100万Rpで、13年間で泊まったホテルの最高価格でした。泊まらないと旅行記を書くことだできないので、仕方なく入ることにした。近所に安ホテルはないし、泊まらないのに見学だけというわけにいかなかった。プランテーションやパブリックを案内してくれたりヨガ教室も含まれているというのでそれに期待した。それはそれは、寝過してヨガはできませんでしたが、値段の価値はあります。写真をご覧ください。
 同じマンゲランでもブルブドゥールとはかなり離れていて、ヲノソボからはスマランンに戻る方向になる。ボロブドゥールは南のジョクジャ
に近い
.
.ここもインドネシアらしくなく、非常に寒い、エアコンはあった。しかし、暖房はない。








夕食の値段も私にとっては高すぎた。Sop Buntutとご飯、典型的なインドネシアの庶民の料理で、其処らへんの屋台で食べれば一万Rpだが、ここは10万Rpだった。知っていれば、途中の屋台でブンクスを買って持ち込んだのにと、大反省だった。人に寄りますが、ずいぶん、似合わない贅沢をしてしまった。もう二度ときませんが、外国人に、日本人にはお勧めです。
 サービスに関して完全に満足するはずです。そして、訪れるなら、ブッキングをしてください。疑うわけではないが、突然の泊まりは、ふっかけられらのではないかと思う。
 お風呂は最高、インドネシアでこれほど熱いお湯が遅れることなく大量に出てきます。感激です。バスタブが広くて深い、オーバーフローがお湯がいっぱいになる途中にないので、肩を沈めても膝がお湯からでない。全身を沈めることができる。この状態もインドネシアで初めてでした。寒いこともあって、寝る前と、朝起きてからも浸かって、極楽極楽でした。
 インドビジョンを受信しているのでNHKはプレミユームが入る。何処にも書いたが、インドネシアのパラボラアンテナは真上に向ければいいので、どんな山の中でも衛星からの電波を受信できる。
 午前10時に集合し、コーヒー園巡りと焙煎の過程とか椰子の砂糖ではなくパーム椰子の砂糖を作る方法を見た。採取方法はゴムの採取方法に似ている。濃縮法も原始的である。黒砂糖が出来上がっていた。粉にしてお湯を注いでコーヒーとなるが、私は粉がそのまま残るコーヒーは苦手である。沈むのを待って飲むというのがコーヒー道にマッチしているのでしょうか、沈むのを待つのも変だと思う。

 Selamat datang Enjoy 42 


Rosari Coffee Plantation Jawa Tenggah

インドネシアに関する何でも質問、エンプラ押出に関する何でも質問はE-mailkota02@y6.dion.ne.jpまでどうぞ。   静岡市  太田勝夫

Profile
Life
Back to Life
Bahasa

パーシュガーの椰子の木

 こういう世界を見るとキリスト教でなくイスラム教徒が増殖したのも理解できます。今でも、そんな感じがします。白い塀の高さは3mくらいあるでしょう。中に入ると完全に別の世界です。いきなり、サービスも価格がヨーロッパの高級ホテル並みになります。従業員が仕えるという態度になります。私にとってはかえって息苦しい、緊張した世界になってしまい、居心地というか気遣いが向いていなかった。サービスは抜群ではあるが、である。

 いったん塀の中に入ると完全にオランダ人が支配する世界だったのでしょう。こういく空気の中で、100年ほど前の状態を想像すると、オーナーや一族や友人が集まって、狩りをしたり、ポロをしたりチェスをしていて、インドネシア人が驚嘆に安い給料で季節ごとに適当な人数を使っていたのでしょう。多くの召使や庭師などもいたのでしょう。
ぞして、一歩、塀の外へ出れば、貧しい生活をしている土地の人達が多くいたのでしょう。

 朝,まだ、静かなうちに散歩のい出た、天気はよく空気が冷たくて気持ちがよかった。そんな雰囲気を味わっているとき、近くから車の走る音が聞こえてくる。その方向をみると大型の車が朝早いのに行き来している。スマラン、ジョクジャ間のメイン国道だとすぐ分かった。このコーヒー園まで300mくらいしか離れていなかった。昨日、ヲノソボの方から来たとき早々とその国道から山の中に入り、10回以上道を聞きながらやっと到達したことを思うとがっかりした。スマラン方面からはマンゲラン県に入ってすぐある左側の看板にしたがって左に入ればそこから300mで着くのでした。日本人の方が訪問する時は,多分ガイド付きでしょうから、そんな心配はいらないでしょうが、スマランの方から来た方が分かりやすいと思う。
 栽培の種類はArabika,Robusta,Exelsaの三種で、アラビカが最高級で90%を占めている。さまざまな薬草やインドネシア独特の果物、たとえばドリアンとかチボダックなどの木もあった。卵のようなサヲの木もあった。

  入口        使ったコテジ

 あまり価格のことが気にならない人にとっては、インドネシア内で一番くつろげる場所だと思います。バリでもこれだけのサービスがあるホテルはないと思います。ただし、周りには何もありません。プランテーションのオーナー気分になれます。

ドリアンが見えますか

 

トラビカの豆とパームシュガー