Jalan-Jalan Indonesia

Selamat datang Enjoy 37


Back to sabtop

 今回の旅は収穫が殆どなかった。ブリンビン(スターフルーツ)マルキサ、ドリアンなどがなっている木を見たが、ドラゴンフルーツやサラッは実が付いていなかった。
 代わりに、松脂のプランテーションに出くわすことができた。松脂は肩こりなどの薬の臭いがする。また、チカンペックではチムベダック(ナンカにそっくりで小さい)が大量に収穫されることを知った。ブラシ、ジャカルタにはほとんど売られていない。
 ランブータンもいろいろあって、緑で小ぶりの種類の方がおいしいし、種から実がはがれやすく食べやすいことも知った。赤いものは安くて大きいが食べるのに種の皮からはがれにくく一緒に食べてしまうとまずくなる。
 オドンオドンといって、5〜6才の男の子が割礼の儀式が終わった後、お披露目で練り歩く行れるにも出会った。渋滞になっていて、人だかりができているので事故でもあったのかと思っていたら、渋滞の原因はそれだった。

案山子

ドリアン

 スマランの手前から南の山の方に入り、案内の看板に従って行けばいいが、いつものことで、途中に案内がないので訪ねて確認しながら行った。古い施設で、宿泊もできるようになっているが、団体さんがいっぺんに泊まれる伝統的な建物が多く、二三人で止まる部屋はすくなく、予約が一杯で泊まることができなかった。
 

Next

 Engineering Plastic extrusion molding と Indonesia

茶畑

アンボン Ambom

ドラゴンフルーツ

オドンオドン

チムペダッ

松脂

移動ミニスーパー


 13日、
04:30 車で出発し、中部ジャワの果物園の見学と試食にきている。テレビで、プロモーションをしていたので、ぜひ行って見たいと思っていた。丁度、雨季の真っ最中で、果物が実る季節である。ドリアン、ランブータン、サラッ、などなど、インドネシアの果物はほとんどスーパーや道端で売っているのを見たことがあるし、食べたことがある。また、それらの果物の木も見たことがある。しかし、木に果物がなっている姿を見たことがあるのはヤシとバナナとナンカだけで、他はどういう状態で木にぶら下がっているのか見たことがなかった。
 

サラッ

今は中部ジャワのバタンという町のホテル、スンダンサリに宿泊する。翌日そこから北の山に向かって40km Agro wisata Pt.Pagilaranという地方に向かった。其処に果物園があると聞いたからでした。しかし、茶畑が広がっていて、松脂をとるプランテーションがあるだけだった。
がっかりして帰ってきた。

マンゴ