戦術と局面の検証室 - 研究用対局一覧

N.金象眼

 角落ち定跡において、下手の三間飛車に対して上手が使う戦法だそうです。玉頭や7筋からの攻撃は怖いのですが、布陣全体の安定性はかなりのもので、簡単には崩れません。但し、本来は角落ち定跡で使用する戦法であるが故に、角の使用が極めて難しいという難点があります。

Remarks

 対四間飛車戦で急戦策『二枚銀』を用いた場合、相手に▽3二銀型で待機されると『二枚銀』の仕掛けが封じられてしまいます。その際に、『二枚銀』の布陣からこの『金象眼』へと組み替える構想がなかなか面白いと思います。そのような場合を除いて、平手では積極的にこの戦法を使用する利点はないと思います^^;。
※当ホームページ『戦術と局面の検証室』はリンクフリーです。
※どのページにでも自由にリンクを貼って戴いてかまいませんが、トップページ以外のアドレスは変更される可能性があります。