戦術と局面の検証室 - 研究用対局一覧

J.雁木右玉

 『雁木』における玉の定位置は6九ですが、場合によっては左(6九や7九)に囲うよりも右(4八や3八)に囲う方が安全な場合があります。右に構えることで、後手からの攻撃を受ける7・8筋から予め離れておくという利点があります。また、他の右玉と同様に角交換に強い陣形となります。

Remarks

 右金を三段目に構える形ですので、堅さの点では『矢倉右玉』や『風車右玉』よりもやや劣るでしょうか。
 4筋を争点に出来る場合は、強力な攻め筋を持つ『雁木』の方が有力だと思いますが、相手が速攻を仕掛けてくる場合や序盤に角交換が入る場合には、『雁木右玉』の方が守りやすいと思います。左に囲うか右に囲うかは、相手の出方に応じて判断すれば良いでしょう。
※当ホームページ『戦術と局面の検証室』はリンクフリーです。
※どのページにでも自由にリンクを貼って戴いてかまいませんが、トップページ以外のアドレスは変更される可能性があります。