戦術と局面の検証室 - 研究用対局一覧

E.高田流左玉

 極めて変則的な戦法です。知っている方は少ないでしょうし、この戦法と戦ったことのある方はもっと少ないと思います。
 6筋の位をとって、相手に高美濃に組ませないのがポイントで、相手が単純に美濃囲いに組んでくるとかなりの威力を発揮します。

Remarks

 『右玉戦法』の左右反転形故に『左玉』と呼ばれます。
 駒組みの初期段階が『雁木』と似ているため、相手の出方に応じて『雁木(=対居飛車)にするか『高田流左玉(=対振り飛車)』にするかを決めることが出来ます。『雁木』を主戦としている私にとっては、とても使い勝手の良い戦法です。
※当ホームページ『戦術と局面の検証室』はリンクフリーです。
※どのページにでも自由にリンクを貼って戴いてかまいませんが、トップページ以外のアドレスは変更される可能性があります。