戦術と局面の検証室 - 研究用対局一覧

D.糸谷流右玉

 対振り飛車用の右玉戦法です。
 相手がどこに飛車を振ってきても、急戦でも持久戦でも対応できますので、使い勝手がとても良いです。私はこの戦法を覚えたために、舟囲い急戦や二枚銀、ミレニアムをほとんど指さなくなってしまいました^^;。

Remarks

 私がこの戦法を使うと、どういうわけか風車に近い形になります^^;。
 尚、左銀を5七に配置する形も『糸谷流右玉』と呼ばれる場合があるようですが、ここでは便宜上▲6七銀型のみを扱っています。▲5七銀型の対振り右玉については『対振り棒金』の中で扱います(予定)。
※当ホームページ『戦術と局面の検証室』はリンクフリーです。
※どのページにでも自由にリンクを貼って戴いてかまいませんが、トップページ以外のアドレスは変更される可能性があります。