韓国釜山観光 2016/03/18〜


DRG75TOURS
◆韓国釜山観光2泊3日間◆

日付 発着都市 内容
3/18 成田 → 釜山  →  
3/19 釜山  →  →
3/20 釜山 → 関空 帰国
旅行代金:\96000円(航空券\76000円+ホテル代2泊分\20000円)


今年初の韓国釜山観光。前回の様子はこちら
今回も自前で航空券+ホテルを予約して、いざ出発!


※ブラウザ表示サイズ100%推奨 → ※[Ctrl]+[0]キー
※撮影:信頼のソニーCyber-shot[サイバーショット]DSC-WX100




PM18:30 仕事は午後半休で成田へゴーイン・ダウン! 釜山行き飛行機は満席で大盛況。

雨の金海国際空港、といっても小雨。



空港線で沙上→西面へ。

釜山ビジネスホテルにチェックイン。


釜山ビジネスホテル1
想像以上のキレイなロビー。ビジネスホテルよりデザインホテルといっても過言では無い。
釜山ビジネスホテル2
部屋もバッチリきれい。


釜山西面の夜
22:30頃、さっそく夜の街へ夕飯に。
釜山の百楽館
百楽館、1994〜。ライブハウスかクラブのような雰囲気。


ドクトヌンセウタン
↑ドクトヌンセウタンという店。ドクトヌンウリタンは独島は我が島だが、これは独島は海老の島、という意味のブラックジョーク。
釜山のバッティングセンター
釜山でオープンしたての室内野球場。


ケミジプ西面店1
なにげに迷ってやっと発見。
ケミジプ西面店2
ケミジプ西面店。


左隣のテーブルは2人の日本人女性客で、鍋を待っているとさっき飛行機に乗っていた日本人観光客が
どしどし入ってきた。皆考える事は同じである。



上から2番目のナクセポックン(タコ+海老炒め)をオーダー。
釜山のナクチポックン
見た目程辛くなく、程良いにんにくの風味と共にたこと海老の旨みを味わう。何故かコプチャン(腸)も入っていた。


鍋で煮ている間にぼーっとしていると、右隣のテーブルのリア充風な現地の美男美女カップルの女性の方が
私の方を見て「混ぜて混ぜて」というジェスチャーをしてくる。店の人がやるのかと思っていたが自分でするらしい。



食後は賭場へ。釜山のカジノは今回初体験。
セブンラックカジノ釜山1
セブンラックカジノ釜山ロッテ店は釜山ビジネスホテルから徒歩2分程。


ロッテホテル釜山のセブンラックカジノ
ロビーからエスカレーターで2Fへ。
セブンラックカジノ釜山3
GoGo!


薄暗い店内はソウルのセブンラック程ではないが結構広く、バカラやポーカーのテーブルが多めで
ルーレットは確か6台程。客はほとんどが日本人で、たまに東欧系、中国人はあまり見かけなかった。
やはり近場の福岡から来た日本人が多い印象で、同じ飛行機に乗ってきた人もちらほら。大小の
テーブルが1台だけ在ったがクローズ状態。台をオープンするようにディーラーに言うもダメとの事。
釜山滞在中に何回か大小開けてくれと行ったがダメで、理由を聞くと中国人が来た時だけ開けるとの
事だった。無料のコーヒーはソウル店のと同じで甘く、ちびちび飲みながら店内をぶらつく。

今回やってみたかったのは、1発大賭けで1回で勝って帰る事。財布に250$入っていたので
約28000円程を1発賭けする為に、着席してしばらく様子を見る。赤→黒→黒と来た所で波が
来たと見極めて28000円のチップタワーを黒にMAXBET!! 結果は・・・

カタン、カタン・・・、赤!

人生そううまくいかない事をまた教えられた。
1万円を両替し、マイナス28000円からスタート。また順調に負け始めて、最後に万歳突撃して帰ろうと
思ったら5000円が1万円に、その出目と同じ目に1万円のチップタワーをMAXBETでまた勝利。
そのまま同じ色に多めに張り続けて計8連荘で負け額を取り返し、結局+2000円に。

とりあえず初日は辛勝、神経をすり減らして疲れたのでAM1:30頃にホテルで就寝。





→2日目へ








since 2016/04/01〜