2015/09/05 〜2日目〜




起床。ロワジールホテルの窓からNソウルタワーが見える。
河東館
河東館へ。


明洞の河東館のコムタンクッパ
コムタンクッパ。味が薄すぎる・・・、多分自分で塩を入れなければならなかったかも。知らずに薄味のまま食事。

気を取り直して朝カジノ。


さすがに朝9:30ともなると客は少ないが、中国人はそこそこ多い。
ルーレットは一卓しか開いておらず、しばらく待ってもう一台開くもディーラーと私の一対一に。
眠そうにゲームを進行するかわいこちゃんなディーラー。一対一なのでゲーム展開も恐ろしく早く、
速攻で沈まされた。結局席を移っても負け、最期は決死の万歳突撃敢行!

捨て身の攻撃も、あっさり撃沈。マイナス2万円。


明洞駅前の焼肉ウリガーデン
昼飯は明洞の焼肉屋、牛里ガーデンへ。明洞駅前でアクセスが良すぎる。

40000wのお一人様セット。日本語がうまいおじさんの店長が対応してくれて、あれこれ焼き方を教えてくれて好印象。


牛里ウリガーデン
焼肉自体は日本とさほど変わらないが、チャドルバギという焼きしゃぶのような肉と手前の玉葱と合わせて食べるのが斬新で美味しかった。横浜で新羅という店が以前チャドルバギを提供していたが、日本ではあまり見かけない。

ヤンニョムカルビは甘辛い味付け。明洞で迷ったら牛里ガーデンがオススメ! 焼肉オーダーは2人前から。


肉によって網交換が入る。サムギョプサルとチャドルバギは同じ網だが
ヤンニョムカルビは別の網になるから頼み方も順序が必要か。



ダンサーのパフォーマンス。

明洞の屋台。色とりどりのフルーツ。


明洞の屋台
練り物?
韓国ソウル明洞の屋台
1本でお腹一杯になりそう。



パリパリと豪快に揚がる酢豚のようなもの。
ソウル明洞ナンタNANTA
今回は演劇「ナンタ」を鑑賞。


〜 NANTA感想 〜

言葉が分からなくても雰囲気で楽しめて笑い要素もあり、鍛え抜かれた肉体美や派手に食器を叩いて
リズムを取りつつ豪快に野菜を切るパフォーマンスはなかなかの迫力。

・・・なのだが、どうも食べ物を粗末に扱うように見えてしまう(期限切れの野菜を使ってはいるものの)。
客の反応は、私の左の中国人?のおっさんは終始無表情、右の若い中国人女性2人組は終始大爆笑。
子供受けは間違い無さそうだが、農家の人とかが見たら大激怒だろう(笑)。あと観客をステージに
上げての客いじりがあるので端の席は要注意。

野菜を派手に切るのは良いけどステージ上一杯に散らばるので、それを如何にもったいなく見せないように
「下に落とさずに切る」、または「まわりがナイスキャッチで落とさない」という事ができれば課題はクリアされる
気がした。また観たいかというと「んー・・・」だが、紅一点のソン・ハミちゃんの熱演には見入ってしまった。
文化が違えば笑いのツボも違うというのを知る意味では1回見ておいても良いのかもしれない。

これとは別に「JUMP」という演劇もあるようなので、今度はそちらも見てみようと思う。



再びセブンラックへ。

今度こそ・・・。


ソウルのセブンラックカジノ
もう5回目、常連もいいとこ。


やはり週末の夜は混雑していて、中国人日本人がメイン、たまに中東orロシア人も。
日本人は何故か関西弁がほとんど。「こんなん日本にあったら毎日行くで」と隣の席のお兄さんがぶつぶつ。
「そんな人おるから問題なるんちゃう?」「それがあるからなー・・・」なんて会話を彼らは友達同士でしていた。
私も同感、みな考える事は同じである。


〜 ルーレット卓にて 〜


シンマーノン ペーイ(10ウォンお支払い※チップ交換)


セット ゴーイング ダウーン(玉入りまーす)


チンチーン♪(ベルの音)


ノーモア べーット(チップ張るのやめてくださーい)


ノー べーット(もうだめです)
※ぎりぎりまで張る奴が居る為


↑今回の旅、ひたすらこの掛け声しか聞いていない。自分でも呆れるくらいアホな旅をしている。
このベルの音がまたキレイに響いて心地良い。そういえば遥か昔、私はホテルでベルボーイの
アルバイトをしていた。ベルには縁があるようだ。チンチーン♪

だがしかし、今夜もまたしても倍掛けした瞬間刈られ。
前回博打のコツなどと語っておきながら、私は博打に向いてない事に気付く。
最後の万歳突撃も、またもや玉砕でマイナス2万円。万歳突撃の時点で詰んでいる事に気付かない私。
退くのも勇気なんだろうけどこれがまた難しく、一番ムズい。

では他の中国人達はどうかというと、思い思いの数字に散らばるようにチップを張っていくものの
数字が当たって大きくリターンがあるように見えても、散らばるように張ったチップの枚数も多いので
そんなに儲かっているようにも見えず、ひたすら力押しな印象。あまり巧者には見えない。


セブンラックカジノ冷麺
セブンラック冷麺はよくある酸味系。勝っている時は美味いし、負けている時はまずい。

夜の明洞へ。


明洞の神仙ソルロンタン
神仙ソルロンタンへ。店長は流暢な日本語。
神仙ソルロンタン
優しい味だが味が激薄。この店も塩で調節。スプーン1杯ほど入れたら食べれるようにはなったが、2杯入れたら塩辛くなってしまった。難しい。


明洞のチーズカルビ
流行りのチーズカルビ。

就寝。






→3日目へ