ダックスフントは、ドイツ原産の犬種です。
ドイツ語で「dachs(ダックス)」は「アナグマ」の意味で、「hund(フント)」は「犬」の意味で、その名の通り、アナグマの猟犬として活躍していた犬種です。
ダックスフントは、その優れた嗅覚によって土の中に穴を掘って巣を作るアナグマを探し出し、細長い体を活かして巣穴に入り込み、威嚇して穴から追い出して捕らえる役割を担っていました。
そのため、胴長短足でありながら筋肉質な体格をしており、小柄でも勇猛果敢な気質を現在も持ち合わせています。


ミニチュアダックスは、もともとアナグマの猟犬だったダックスフントが小型化した犬種ですので、とても活発に好奇心も旺盛で、気が強く頑固な一面を持っています。
家族への愛情が深く、人にも犬にも懐っこく協調性があるため、多頭飼いもしやすい犬種と言われています。
学習能力や洞察力がとても優れているため、幼いうちに正しくしつける事で、とても飼いやすくなると言われています。




ミニチュアダックスの皮膚病に

光触媒テクノロジーの除菌ミスト

皮膚病の原因

 

犬の皮膚病は、細菌やカビなどの感染症、ノミやダニなどの寄生虫感染、花粉やハウスダストに対するアレルギーなど、様々な原因によって引き起こされます。

 

また、ホルモンを分泌する内分泌器官の機能低下や、皮膚組織にできた腫瘍が原因となる場合もあります。

 

シャンプーのやりすぎやシャンプーの溶液が皮膚に合わないために、皮膚が異常に乾燥したり、痒みの原因になる事もあります。

 

犬の皮膚病の大半は、皮膚に強い痒みが生じる傾向にありますが、犬は皮膚の痒みが持続的に生じると、イライラして何度も痒い部分を掻き毟るため、皮膚が傷付いて細菌やカビによる二次感染を起こす場合があります。

 

犬の皮膚は、人間の皮膚に比べると非常に薄いため、外部からの刺激に弱く、影響を受けやすくなっています。


そのため、犬の皮膚に異常がないかどうか、普段からよく観察しておく事が大切になります。

ダックスフントの歴史はとても古く、古代エジプトの壁画に酷似した犬種が描かれていたり、南米の遺跡からも似たような胴長短足の犬の粘土細工が発見されるなど、その起源には諸説あり、まだはっきりと詳しい事は分かっていません。
現在は、被毛の種類によって3種類に区分されています。
スムースは、スタンダードが小型化した犬種で、被毛が短く真っ直ぐになっている特徴があります。
ロングは、スパニエル種やジャーマンストベルフンドとの交配によって誕生した犬種で、被毛が長くややウェーブがかっている特徴があります。
ワイヤーは、ピンシャー種やテリア種との交配によって誕生した犬種で、太く硬い被毛が密集している特徴があります。
また、ダックスフントは体重や体格によっても名称が分けられており、スタンダード、ミニチュア、カニンヘンの3種類に区分されています。