Microsoft Windows 95 Microsoft DUN 1.3/Winsock2 西暦2000年問題修正プログラム README

Y2KDUN13.TXT

************************************************************************
                         Microsoft Windows 95 
       Microsoft DUN 1.3/Winsock2 西暦 2000 年問題修正プログラム 
                            README ファイル
                             1999 年 8 月
************************************************************************
          西暦 2000 年対応開示 (Year 2000 Readiness Disclosure)

(c) Copyright Microsoft Corporation, 1999

このドキュメントには、Microsoft Windows 95 のヘルプやマニュアルを補足
する情報が記述されています。

Microsoft 製品の 2000 年問題に関する最新情報については、Microsoft の 
Web サイト http://www.asia.microsoft.com/japan/year2k/ を参照するか、
最寄りの Microsoft 子会社に問い合わせてください。 
これらの情報は、顧客の西暦 2000 年への移行計画を支援することのみを目的
に提供されています。このドキュメントには、Microsoft 製品の日付処理に関
する最新情報が含まれており、その内容は予告なく変更されることがあります。
したがって、Microsoft の 2000 年問題に関する Web ページの情報を定期的に
チェックすることをお勧めします。

注:メモ帳を使って画面上でこのファイルを読むときは、メモ帳のウィンドウ
    を最大化すると読みやすくなります。

このファイルを印刷するには、メモ帳またはほかのワード プロセッサでファイ
ルを開き、[ファイル] メニューの [印刷] をクリックしてください。

======================================
目次
======================================
I.      インストールに関する注意事項
        A. システム要件
        B. この修正プログラムは Windows 95 にのみ対応

II.	インストールの方法
        A. ダウンロードと抽出
        B. インストール オプション

III.	リリース ノート
        A. Windows 95 を再インストールする場合
        B. ネットワーク設定の変更

IV.     このリリースで対処されている 2000 年問題

V.      製品サポート サービス

=======================================


I. 	インストールに関する注意事項
---------------------------------------------------------------

A. システム要件
    この修正プログラムをインストールするには、Microsoft DUN 1.3 または 
    Winsock2 がインストールされている必要があります。

B. この修正プログラムは Windows 95 にのみ対応
    この Microsoft DUN 1.3/Winsock2 西暦 2000 年問題修正プログラムは、
    Windows 98、Windows NT、Windows 2000 を実行しているコンピュータに
    インストールして使用することはできません。各国語版の Windows 95 を
    使用している場合は、任意の言語に対応するアップデートをダウンロード
    し、インストールしてください。

II.     インストールの方法
---------------------------------------------------------------
A. ダウンロードと抽出
    Web サイトからアップデートをダウンロードした場合は、修正プログラム
    の抽出およびインストールを行う前に、リリース ノートをよく読んでくだ
    さい。

    アップデートをダウンロードすると、Y2KVDHCP.EXE という圧縮された実行
    可能ファイルがハード ドライブに格納されます。この実行可能ファイルに
    は、2000年問題を解決するために必要なファイルが含まれています。

>>> ファイルを抽出し、西暦 2000 年問題修正プログラムをインストールするには
    1. ハード ドライブ上で Y2KVDHCP.EXE ファイルを検索します。
    2. ファイルをダブルクリックします。
    3. 画面に表示されるメッセージに従って操作します。

B. インストール オプション
    インストール時に指定できるインストール オプションがいくつか用意されて
    います。これらのオプションを表示するには、[スタート] ボタンをクリックし、
    [ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、「Y2KVDHCP.EXE /?」
    と入力し、[OK] をクリックします。

    以下に示すインストール オプションのパラメータを指定するには、次のよう
    に入力します。

    Y2KVDHCP.EXE <オプション>

    /Q - サイレント モード (すべてのユーザー プロンプトが無視されます)。
         バッチ セットアップで無人インストールを行う場合に便利です。
    /T:  <フルパス> - 一時作業フォルダを指定します。
    /C - /T でフォルダを指定した場合は、そのフォルダにのみファイルが抽
         出されます。管理者は指定した場所にファイルをダウンロードできます。
    /C:  <コマンド> - 作成者が定義したインストール コマンドより優先されま
         す。

III.    リリース ノート
---------------------------------------------------------------

A. Windows 95 を再インストールする場合
    Windows 95 オペレーティング システムを再インストールすると、このアップ
    デートによって追加された修正情報は失われてしまいます。Windows 95 を再
    インストールする場合は、必ず修正プログラムをもう一度インストールしてく
    ださい。

B. ネットワーク設定の変更
    この修正プログラムを実行すると、2000 年問題に対応した新しいバージョン
    の VDHCP.386 をインストールします。
    ネットワーク設定を変更すると、このネットワーク システム ファイルは古い
    バージョンのファイルで上書きされてしまいます。
    たとえば、新しいネットワーク アダプタをインストールしたり、オンライン 
    サービスを設定したり、コントロール パネルの [ネットワーク] で設定を変
    更したりすると、元のバージョンの VDHCP.386 がシステムにコピーされます。
    このような場合は、再度この修正プログラムを実行して正しいバージョンの
    VDHCP.386 をインストールしてください。

IV. このリリースで対処されている 2000 年問題
---------------------------------------------------------------

このリリースでは、以下の問題が解決されています。

1.  DHCP 仮想ドライバ (VDHCP.386)
     Winipcfg /all - 2000 年 3 月 1 日以降の IP リース権取得日は、実際の
     日付より 1日前の日付がレポートされます。システムの日付は正しく表示さ
     れますが、DHCP クライアントは 1日前の日付を返します。

     たとえば、2000 年 3 月 1 日以降に LAN にログオンした場合に、 
     [スタート] ボタンをクリックして [ファイル名を指定して実行] をクリック
     してから Winipcfg /all を実行するか、または DOS VM から Ipconfig /all 
     を実行すると、リース権取得日が 1日前の日付になります。
     この問題は 2000 年 3月 1日以降に発生します。

V.  製品サポート サービス
---------------------------------------------------------------

利用できるサポート オプションの詳細については、Windows フォルダにある
SUPPORT.TXT ファイルを参照してください。

本文書に含まれる情報は、お客様の 2000 年問題に対応するための移行作業を
支援させていただく目的でのみ提供させて頂くものです。 本文書中の情報はマ
イクロソフト製品の 2000 年問題に関する最新の情報であり、逐次変更されます。
そのため、定期的に http://www.asia.microsoft.com/japan/year2k/ にある
最新情報を確認されることをお勧めします。

マイクロソフトおよび西暦 2000 年問題に関する情報 (西暦 2000 年問題に関する
テスト、評価、対応、予定、目標等に関する本書またはその他の過去、現在、将来
の情報を含みますがこれらに限定されません) の伝達 (以下総称して「マイクロ
ソフトの 2000 年問題に関する言明」といいます) は、すべて西暦 2000 年対応
開示 (Year 2000 Readiness Disclosure) として提供されるものであり (西暦 
2000 年問題に関する情報及び対応開示に関する法律 (Year 2000 Information 
and Readiness Disclosure Act) に定義する意味を有します)、マイクロソフトの
西暦 2000 年問題に関する Web サイトhttp://microsoft.com/year2000/ (以下
「Y2K に関する Web サイト」といいます) に記載されています。

マイクロソフトの 2000 年問題に関する言明は、西暦 2000 年への移行計画を
助成するために、本書および Y2K に関する Web サイトに記載されている条件、
および西暦 2000 年問題に関する情報及び対応開示に関する法律に従って提供
されています。マイクロソフトの 2000 年問題に関する言明には現在入手可能な
情報が記載されており、定期的に更新されるため、Y2K に関する Web サイトで
そのような言明を定期的に確認されることをお勧めします。

マイクロソフトの 2000 年問題に関する言明は、何等保証もない現状有姿のまま
で提供されています。そのため、マイクロソフトは、その言明に関して、商品性
および特定の目的に対する適合性を含む保証を、明示であると黙示であるとを
問わず一切いたしません。さらに、マイクロソフトは、マイクロソフトの 2000 
年問題に関する言明の使用または使用結果の妥当性、正確性、または信頼性等に
関していかなる保証または表明もいたしません。マイクロソフトまたはその適法
に授権された代表者による口頭または書面による情報若しくはアドバイスは保証
の根拠となるものではなく、ここに記載されている保証の排除範囲を何ら狭める
ものではありません。マイクロソフトおよびその供給者は、マイクロソフトの 
2000 年問題に関する言明から生じる一切の損害 (直接的損害、間接的損害、
付随的損害、派生的損害、逸失利益、懲罰的損害または特別損害を含みますが
これらに限定されません) に関して一切責任を負いません。たとえ、マイクロ
ソフトまたはその供給者がこのような損害の可能性について知らされていた場合
でも同様です。

派生的損害または付随的損害の排除または限定が許されない地域においては、
これらの制限が認められない場合があります。マイクロソフトの 2000 年問題に
関する言明に記載されている情報は、Y2K に関する Web サイト上で提供されて
おり、同サイト上のその他の情報 (マイクロソフトの西暦 2000 年問題対応に
関する言明、マイクロソフトが西暦 2000 年対応製品ガイドで分類している製品
のカテゴリの説明、およびテスト基準を含みますがこれらに限定されません) と
あわせて読むことが前提とされています。

西暦 2000 年問題に関連したアップデート、2000 年問題診断ツール、または修正
サービス の提供中にマイクロソフトが行ったマイクロソフトの2000年問題に関
する言明または本サイト上の言明は、西暦 2000 年問題に関する情報および対応
開示に関する法律 (The Year 2000 Information and Readiness Disclosure Act 
(112 Stat. 2386) ) に準拠します。紛争があった場合、かかる言明の使用に関
するお客様の法的権利は、契約書または料金表に特段の定めがない限り、同法律
によって制限されることがあります。