Microsoft Windows 95 Corporate Update README

CORUPD.TXT

************************************************************************
                        Microsoft Windows 95 
                    Corporate Update README ファイル
                              1999 年 8月
************************************************************************

(c) Copyright Microsoft Corporation, 1999

このドキュメントには、Microsoft Windows 95 のヘルプやマニュアルを補足
する情報が記述されています。

注:メモ帳を使って画面上でこのファイルを読むときは、メモ帳のウィンドウ
    を最大化すると読みやすくなります。

このファイルを印刷するには、メモ帳またはほかのワード プロセッサでファイ
ルを開き、[ファイル] メニューの [印刷] をクリックしてください。

========================================================================

Corporate Update (CORPUPD.EXE) は Windows 95 西暦 2000 年問題修正プログ
ラム (W95Y2K.EXE) を補足するパッケージで、Windows 95 西暦 2000 年問題修
正プログラムに関する企業ユーザーからのフィードバックにお応えするもので
す。

CORPUPD.EXE をインストールするには、Windows 95 西暦 2000 年問題修正プロ
グラムがインストールされている必要があります。


========================================================================

CORPUPD.EXE のインストール オプション

   この修正プログラムには、インストール時に指定できるインストール オプ
   ションがいくつか用意されています。これらのオプションを表示するには、
   [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリック
   します。次に、「CORPUPD.EXE /?」と入力し、[OK] をクリックします。

   以下に示すインストール オプションのパラメータを指定するには、次のよう
   に入力します。

   CORPUPD.EXE <オプション>

   /Q - サイレント モード (すべてのユーザー プロンプトが無視されます)。
        バッチ セットアップで無人インストールを行う場合に便利です。
   /T:  <フルパス> - 一時作業フォルダを指定します。
   /C - /T でフォルダを指定した場合は、そのフォルダにのみファイルが抽
        出されます。管理者は指定した場所にファイルをダウンロードできます。
   /C:  <コマンド> - 作成者が定義したインストール コマンドより優先されま
        す。このアップデートでは使用されません。

========================================================================

CORPUPD.EXE で対処されている問題

Windows 95 HotFix (Q172707) に関する混乱
  1. この HotFix は コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除]
     および QFECHECK.EXE にそれ自身を登録します。Windows 95 西暦 2000 年
     問題修正プログラムはこの HotFix の内容を含んでいますが、HotFix の
     レジストリは削除しません。
     CORPUPD.EXE は必要のない HotFix レジストリを削除し、誤ってアンイン
     ストールを行うことを防ぎます。
  2. この HotFix を実行すると、誤って COMMAND.COM が Windows\Command 
     フォルダにコピーされます。
     CORPUPD.EXE を実行すると、COMMAND.COM が Windows\Command フォルダか
     ら削除されます。Windows 95 西暦 2000 年問題修正プログラムは正しい場
     所にある COMMAND.COM を更新します。

Windows 95 西暦 2000 年問題修正プログラムを登録して QFECHECK に認識させる
   企業ユーザーのリクエストにより、QFECHECK.EXE で Windows 95 西暦 2000 
   年問題修正プログラムが表示されるようにしました。これにより、Windows 95 
   西暦 2000 年問題修正プログラムがインストールされているかどうか簡単にわ
   かるようになります。
   CORPUPD.EXE を実行すると、必要なレジストリが追加されます。

VDHCP.386 に関する混乱
   Windows 95 西暦 2000 年問題修正プログラムには、新規インストールした状
   態の Windows 95 または Windows 95 OSR2.x に使用する西暦 2000 年対応の
   VDHCP.386 が含まれていました。しかし、Microsoft DUN 1.3 または 
   Winsock2 Updates をインストールしたシステムに使用できる西暦 2000 年対
   応の VDHCP.386 は含まれていませんでした。
   現在、DUN 1.3 または Winsock2 Updates を実行しているシステムに使用でき
   る西暦 2000 年対応の VDHCP.386 を含む、DUN 1.3/Winsock2 西暦 2000 年
   問題修正プログラムが用意されております。CORPUPD.EXE にはこの 
   DUN 1.3/Winsock2 西暦 2000 年問題修正プログラムが含まれています。