仕様一覧:COSMO TERMINAL-D

アスターインターナショナルが販売したパソコン。1977年10月頃発売。CPUに8ビットマイクロプロセッサ6800互換のMB8861を搭載。本体の形状はProcessor Technology社のSOL-20のような外観をしています。一説には国産初のパーソナルコンピューターと言われています。しかし、パソコンとは言っても誰でもすぐに使えるものではなく、プロセッサについての技術的な知識が必要になる、マニア向けの同人ハード的な物だったと思われます。工業製品ではないのでしっかりした量産体制など無く、発売直後は予約注文が半年待ちなんてことがあったらしいです。

製品名 COSMO TERMINAL-D
モデル Model-01 Model-11 Model-02 Model-12
発売日 1977年10月頃
CPU MB8861N 1MHz
ROM モニタROM(COSMOBUG) 1KB+MIKBUG 1KB
標準RAM 2KB 16KB
表示機能 テキスト64桁x16行(7x9ドットフォント、カラー7色)
- モノクロCRT付き - モノクロCRT付き
その他機能 MB8525(i2708相当)用PROMライター内蔵(ソフトは別売)
その他I/F TTY I/F、プリンター出力、CMT I/F
システム価格 ¥299,000 ¥349,000 ¥399,000 ¥449,000