仕様一覧:PHC-1000

三洋電機が販売したパソコン。1979年頃発表。

おそらく同社初のパソコン。カセットMTデッキ、CRT、キーボード、ミニプリンタ一体型。

三洋電機もまたパソコンの開発に関して歴史が長い割には謎が多い。残念ながら世間では終始冷たい扱いを受けながら、PC/AT互換機のWinkeyシリーズを最後にパソコン市場から撤退している。

本体仕様

製品名 PHC-1000
発表日 1979年
CPU Intel 8085A
ROM 4KB
標準RAM 24KB
最大RAM 32KB (8K増設RAM:6万円)
表示機能 テキスト80桁x24行(英数字、カナ、記号)
表示色 12インチグリーン
外部記憶装置 フィリップス型ディジタルカセット(JIS C 6281記録方式,12kbps)
外部I/F 増設用CMT I/F、オプションでRS-232C、プリンタ、デジタルI/O
本体価格 ¥700,000(予定価格)

オプション

上記名称は正式なものではない。

ソフトウェア