DOS/V付属デバイスドライバ バージョン一覧

DOS/V(PC DOSおよびMS-DOS 日本語版 製品版)のバージョン別のデバイスドライバのバージョンと変更点を、分かる範囲でまとめてみた。

DOS/Vバージョン別デバイスドライバのバージョン番号

バージョン番号が同じでもバグフィックス等で中身が異なる場合があります。DOS J4.0/Vについては資料がなく不明です。

日英共通システム・デバイス関係

製品/ドライバ HIMEM.SYS EMM386.EXE RAMDRIVE SMARTDRV MOUSE MSCDEX
IBM DOS J5.0/V 2.77 02/27/91 4.20.06X 3.06 3.13 7.04 -
IBM DOS J5.02/V 2.77 02/27/91 4.20.06X 3.06 3.13 7.04 -
IBM DOS J5.02D/V 2.78 11/04/91 4.33.06X 3.06 3.13 7.04 -
Windows 3.1 3.07 02/14/92 4.44 3.06 4.0 - -
PC DOS J6.1/V 3.09 02/06/93 4.45 3.06 4.1 8.20 -
MS-DOS 6.2/V 3.09 02/06/93 4.48 3.06 5.0 - 2.23
PC DOS J6.3/V 3.09 02/06/93 4.48 3.06 5.0 8.20 2.23
PC DOS J6.30C/V 3.09 02/06/93 4.50 3.06 5.0 8.20 2.25
PC DOS J2000 3.15 05/30/94 4.50 3.10 5.10 8.20 2.25
Windows 95 3.95 09/30/93 4.95 3.07 5.0 - 2.25
Windows 98 3.95 4.95 3.07 5.0 - 2.25

日本語入出力関係

製品/ドライバ $FONT.SYS $DISP.SYS $IAS.SYS $IAESKK.SYS IBMMKKV
IBM DOS J5.0/V 1.11 1.10 2.10 1.03 3.04
IBM DOS J5.02/V 1.11 1.11 2.20 1.03 5.02
IBM DOS J5.02D/V 1.12 1.13 2.21D 1.03 5.02D
PC DOS J6.1/V 1.20 1.30 2.40 1.03 6.10
MS-DOS 6.2/V (2.0) (2.0) - - -
PC DOS J6.3/V 1.21 1.32 2.41 1.03 6.30
PC DOS J6.30C/V 1.21 1.32 2.42C 1.03 6.30
PC DOS J2000 1.31 1.32 2.43 1.03 7.00
Windows 95 (2.0) (2.0) - - -
Windows 98 (2.0) (2.0) - - -

プリンター関係

製品/ドライバ $PRNUSER.SYS $PRNESCP.SYS PRN.SYS PRNIBM.COM PRNESCP.COM
IBM DOS J5.0/V 1.00 1.10 - - -
IBM DOS J5.02/V 1.00 1.10 - - -
IBM DOS J5.02D/V 1.01 1.11 - - -
PC DOS J6.1/V - - ? 2.00 2.00
PC DOS J6.3/V - - 1.01 2.00 2.02A
PC DOS J6.30C/V - - 1.01 2.00 2.02A
PC DOS J2000 - - 1.01 2.01 2.04

ファイル別バージョン変更履歴の要約

HIMEM.SYS

XMS 2.0(HIMEM.SYS 2.xx)には16MBの壁が存在する。XMS 3.0(HIMEM.SYS 3.xx)には16MBの壁はないが、PC DOS/MS-DOSのHIMEM.SYSでは64MBに制限されている。Windows 95以降のHIMEM.SYSでは最大約3GBまで使用できる。ただし、Windows上で認識できるメモリ容量はWin3.1のエンハンスドモードでは256MB、Win95/98/Meでは1GBという制限がある。

EMM386.EXE

4.49にて、PCIバスを装備するシステムでI/O ポート400H番地以降に32ビットでアクセスができない問題を修正。特に、PCI世代のIntel製チップセット(Triton+PIIXなど)を搭載するマシンではEMM386 Version 4.48以前を導入しようとするとハングする。

SMARTDRV.EXE (SMARTDRV.SYS)

Windows 3.1付属のSMARTDRV Version 4.0は、電源オフまたは再起動前に/Cスイッチでキャッシュをクリアしないと、書き込みキャッシュがディスクに反映されずデータを消失する危険がある。やむを得ずこのバージョンを使用する場合、-(マイナス)オプションで書き込みキャッシュをオフにすることを推奨する。

MSCDEX.EXE

$FONT.SYS

1.20(PC DOS J6.1/V)以降でXMA(XMSメモリー)に導入できるようになった。それより古いバージョンではINT13H BIOSを使ってフォントデータのメモリを確保するため、XMAが分断される関係でWin3.1以降で16MB以上のメモリを使用できないという弊害がある。HIMEM.SYSに/INT13スイッチを指定してあらかじめ$FONT.SYS用のメモリをXMAに確保すれば、この問題を回避できる。

$IAS.SYS

参考文献