JEGA固有レジスタ(I/Oポート)

JEGA内部レジスタ

CRTコントロールレジスタ 概要

CRTコントロールレジスタは3B4h/3D4hにポインタアドレスを書き込むことによって3B5h/3D5hを通して読み書きを行うことができる。CRTコントロールレジスタのI/Oアドレス3B4h/3D4hはグローバルエリア0040:0063hより取得できる。内部レジスタのRMOD1/RMOD2の値を変更したときは、グローバルエリアの値(0040:00E9h,:00EAh)も変更しておく。

ADD レジスタ 7 6 5 4 3 2 1 0 ファンクション
B9 RMOD1 DOE KTD SIM SYN MEA SESA * TST Mode Register 1
BA RMOD2 FAJ SAT SB1 * FWE FRE MG1 MG0 Mode Register 2
BB RDAGS * * * * * * AG1 AG0 ANK Group select
BC RDFFB 7 6 5 4 3 2 1 0 Font access First Byte
BD RDFSB 7 6 5 4 3 2 1 0 Font access Second Byte
BE RPFAP 7 6 5 4 3 2 1 0 Font access Pattern
09 RPESL * * * 4 3 2 1 0 End Scan Line
14 RPULP * * * 4 3 2 1 0 Under Line Position
DB RPSSC * * * 4 3 2 1 0 Start Scan Count
D9 RPSSU * * 5 4 3 2 1 0 Start Scan Upper
DA RPSSL * * 5 4 3 2 1 0 Start Scan Lower
DC RPPAJ * * * * 3 2 1 0 Phase Adjust count
DD RCMOD CEN CVL CBL * * * * * Cursor Mode
0E RCCLH 7 6 5 4 3 2 1 0 Cursor Location High
0F RCCLL 7 6 5 4 3 2 1 0 Cursor Location Low
0A RCCSL * * * 4 3 2 1 0 Cursor Start Line
0B RCCEL * * * 4 3 2 1 0 Cursor End Line
DE RCSKW 7 6 5 * * * * * Cursor SKeW Control
DF ROMSL                  
BF RSTAT * * * * * * RBF WBE STATus register

CRTコントロールレジスタ 詳細

ポートアドレス 属性 詳細
3B4h/3D4h   RIDX インデックス レジスタ
アドレス3B5h/3D5hのレジスタ群を指定するポインタ
3B5h/3D5h   データ レジスタ
:B9h R/W RMOD1 MODe register 1
D7 DOE Display Out Enable
DOE=0の時、ビデオ出力を全て0に固定する
D6 KTD Kanji Text Disable
漢字テキスト表示能力を停止し、マスタEGAの出力をJEGAから出力する
D5 SIM SIM SuperImpose Mode
2つのEGAの出力を重ね合わせ表示する
D4 SYN SYNchronize mode
マスタ/スレーブ2つのEGAチップの位相を合わせる
D3 MEA Master EGA Accessible
マスタEGAのCPUアクセスを許可する
D2 SEA Slave EGA Accessible
スレーブEGAのCPUアクセスを許可する
D1 x (予約ビット)
D0 TST TeST mode
すべての双方向ピンをハイインピーダンスとする
:BAh R/W RMOD1 MODe register2
D7 FAJ First Attribute JEGA
基本アトリビュートの機能
0:EGA互換、1:JEGA互換
D6 SAT Second ATtribute enable
拡張アトリビュートの機能
0:無効、1:有効
D5 SBI Select Blink or Intensity
EGAモードの時のアトリビュートbit7の機能
0:ブリンク、1:インテンシティ
D4 x (予約ビット)
D3 FAM Font memory Access Mode
00: 常時リードライト動作を行う
01: 設定禁止
10: 設定禁止
11: 帰線期間中にリードライトの内部動作を行う
D2
D1 MG1 Map Group select bit x
キャラクタジェネレータのコードマップを選択する
00: シフトJISコードモード
01: 中間全角文字コードモード
10: 後半全角コードモード
11: 禁止
D0 MG0
:BBh R/W RDAGS ANK Group Select
ANK文字グループの選択
D1 x
D1 D0 attr:bit3 ANK Group
0 0 Intensity 0
0 1 0 0
0 1 1 1
1 0 0 1
1 0 1 0
1 1 Intensity 1
D0 TST
:BCh R/W RDFFB Font access First Byte
文字フォントの読み書きの際の第1バイト
:BDh R/W RDFFB Font access Second Byte
文字フォントの読み書きの際の第2バイト
:BEh R/W RDFAP Font Access Pattern
文字フォントの読み書きのためのフォントデータ
:09h W RPESL End Scan Line
行の最後のスキャン番号の指定
:14h R/W RPULP Under Line Position
アンダーラインの位置(スキャン番号)の指定
:DBh R/W RPSSC Start Scan Count
行の初めのスキャン番号の指定
:D9h R/W RPSSU Start Scan Upper
縦倍角文字の上半分の行での始めのスキャン番号の指定
:DAh R/W RPSSL Start Scan Lower
縦倍角文字の下半分の行での始めのスキャン番号の指定
:DCh R/W RPPAJ Phase AdJust Count
スーパーインポーズの際の位相あわせのスキュー指定
D3 スーパーインポーズのスキューの値(ドット単位)
D2
D1
D0
:DDh R/W RCMOD Cursor Mode
D7 Cursor Enable
D6 Vertical Line(Left Vertical Line)
D5 Blinking
:0Eh W RCCLH Cursor Location High
カーソル位置の指定アドレス上位ビット
:0Fh W RCCLH Cursor Location Low
カーソル位置の指定アドレス下位ビット
:0Ah W RCCSL Cursor Start Line
カーソル開始位置(スキャン番号)
:0Bh W RCCEL Cursor End Line
カーソル終了位置(スキャン番号)
:DEh R/W RCSKW Cursor Skew control
D7 カーソル表示と文字との位置合わせ(文字単位)
D6
D5
:EFh R RSTAT Status Register
フォントの読み書きのステータス
D1 WBE Read Buffer Full
"1"の時フォントの読み出しが可能
D0 WBF Write Buffer Empty
"1"の時フォントの書き込みが可能