猫の皮膚炎は、そのほとんどの場合において痒みが伴うため、猫が何度も患部を掻き毟る事で、さらに症状がひどくなっていきます。

猫の皮膚炎は、ノミやダニなどの寄生虫感染、細菌や真菌(カビ)などの感染症、ハウスダストや花粉などのアレルギー、ホルモン分泌異常など、様々な事が原因となって起こります。
猫の皮膚は、人間以上に薄くデリケートなため、外部からの刺激にも弱く、人間以上に皮膚炎になりやすいと言われています。

人にも猫にも安心安全な光触媒ミスト
猫の皮膚炎や痒みのケアに 猫の皮膚炎や痒みのケアに



猫の皮膚炎(細菌や真菌・カビなどの感染症)

 

猫の皮膚炎で最も多い原因は、カビの仲間である真菌(皮膚糸状菌)に感染して起こるものです。


この真菌に感染すると、患部が赤くなったり、ポツポツとじんましんのような発疹がいくつも見られ、フケが多く出るようになります。

 

皮膚に感染した真菌の増殖とともに、毛根がダメージを受けると、毛が抜け落ち、円形状の脱毛部が徐々に大きくなり、やがては全身へと広がっていきます。

 

感染は、既に感染している犬や猫との接触や、真菌が大量に繁殖している生活環境で菌が体に付着する事などが原因で起こります。

 

また、母猫が感染している場合には、授乳時などの接触により、小猫へと母子感染を起こす場合もあります。

 

細菌性の皮膚炎には、他にもブドウ球菌やマラセチア、カンジダ菌などの感染症があります。

 

これらの菌は、いずれも皮膚常在菌で、免疫力が正常な場合には、特に皮膚に異常が見られる事はありません。

 

しかし、免疫力の低い老猫や小猫は特に症状が出やすく、また、ストレスを多く感じていたり、栄養不足、免疫不全ウイルス(FIV)に感染している成猫も、このような皮膚炎の症状が生じやすい傾向にあります。

 

光の力で微細な細菌やウイルスを安全に分解する光触媒ミスト

猫が皮膚炎になると、脱毛やフケが多くなったり、慢性的に痒みに悩まされるため、何度も体を引っ掻いたり、掻き毟る仕草を見せるようになります。