更年期 便秘 原因

更年期から急増する便秘について

更年期にさしかかりり急に便秘になってしまうという人も少なくありません。

 

更年期の体調不良

とかく、大腸などの消化器官の働きに関しては、外部の変化に敏感になっており、便秘などになる人も少なくありません。

 

今まで便秘になったことが無いという人や、男性の方でも便秘になる人が増加する時期です。

 

また、便秘意外にも精神的な起伏の変化が激しくなったり、めまいや偏頭痛などといった色々な体調不良の症状が表れて、それらは、更年期障害と言われています。

 

さて、なぜ更年期になると便秘になりやすくなるのでしょうか?

更年期の便秘原因はホルモンの影響が大きい

まず更年期に入ると女性ホルモンの分泌が減少していってしまいます。

 

そして、閉経後には、それが著しく低下しますし、男性も男性ホルモンで同じようなことがおこります。

 

特に女性の場合は毎月の生理(月経)で分泌されていた黄体ホルモンの分泌量が大きく変化することがあります。

 

それと同時に、ホルモンの分泌が変化すると肉体的な面への影響だけでなく精神的な面にも影響を及ぼします。

 

更年期の体調不良

そして、精神面への影響でストレスを感じやすくなると、自律神経の働きが乱れることによって、直接腸の働きが低下することもありますし、うつ傾向になったり、体調不良などによっても、慢性的な便秘になってしまうのです。

 

このように、更年期の体調不良はホルモン分泌の影響が大きいですが、ホルモン分泌が変化することで表れる体調不良は、一般的な内科などの検査では気づかれにくいという面もあると言われています。

更年期で行なう便秘解消のポイント

更年期での便秘解消や予防も含めた対策方法ですが、まずは、精神的なストレスを溜めこまないことが大事で、ストレスは万病の元であることと同時に、特に大腸はストレスに対してかなり敏感ですから、影響を受けやすいものとなっているのです。

 

ストレスによる自律神経の乱れは、大腸の蠕動運動などの内臓機能を制御する副交感神経の働きにも影響して、便秘や下痢などになってしまいます。

 

更年期障害で通院

また、更年期障害を改善するために通院されている方は、お医者さんの指示に従うことはもちろん大切なことですが、それでも、なかなか体調不良が改善されない場合は、通院している病院を変えてみることも1つの方法です。

 

そして、毎日の食生活を気をつけるようにして、食物繊維の多い野菜などの食品や腸内細菌の善玉菌を増やす食品の乳製品などをバランス良く摂るように心がけていきましょう。

更年期 便秘 原因便秘の解消や予防に効果のある食べ物リストなど

 

便秘体質の解消や改善には、食物繊維が必要と言われていますが、食物繊維ならばなんでも良いというわけではなく、水溶性の食物繊維で消化を良くし、排便を促すということが大切です。

 

更年期のホルモンの分泌の減少自体は、普段の生活から改善を図るのが難しいと言われていますので、普段の生活で予防できるところから予防していくようにします。

 

これは更年期の状態になっている人でも有効な手段なのです。

更年期 便秘 原因更年期の方の評価も高い各種便秘解消品ランキングはこちら


このページの先頭へ戻る