沖縄 仏壇
Google

足利尊氏

足利尊氏

足利 尊氏(あしかが たかうじ)は、鎌倉時代後期から南北朝時代の武将。室町幕府の初代征夷大将軍(在職:1338年 - 1358年)。足利将軍家の祖。

足利貞氏の次男として生まれる。足利氏の慣例に従い、初めは得宗・北条高時の偏諱を受け高氏(たかうじ)と名乗っていた。元弘3年(1333年)に後醍醐天皇が伯耆船上山で挙兵した際、その鎮圧のため幕府軍を率いて上洛したが、丹波国篠村八幡宮で幕府への叛乱を宣言、六波羅探題を滅ぼした。幕府滅亡の勲功第一とされ、後醍醐天皇の諱・尊治(たかはる)の偏諱を受け、名を尊氏(たかうじ)に改める。 後醍醐の独裁体制である建武の新政が急速に人心を失っていく中、中先代の乱により窮地に陥った弟・足利直義救援のため東下し、乱を鎮圧したあとは、そのまま鎌倉に留まり独自の政権を樹立する構えを見せた。これにより天皇との関係が悪化し、上洛して一時は天皇を比叡山へ追いやった。天皇側の反攻によりいったんは九州に没落、再び太宰府天満宮を拠点に上洛して京都を制圧、光明天皇を擁立して征夷大将軍に補任され新たな武家政権(室町幕府)を開いた。後醍醐天皇はいったんは捕虜となったものの吉野に逃亡し南朝を創始することになった。

幕府を開いてのち弟・足利直義と二頭政治を布いたが、後に対立し観応の擾乱を引き起こす。直義の死により乱は終息したが、その後も南朝など反対勢力の打倒に奔走し、統治の安定に努めた。後醍醐天皇の崩御後はその菩提を弔うため天竜寺を建立している。新千載和歌集は尊氏の執奏により後光厳天皇が撰進を命じたものであり、以後の勅撰和歌集は、二十一代集の最後の新続古今和歌集まですべて将軍の執奏によることとなった。 天皇に叛旗を翻したことから皇国史観のもとで「逆賊」と位置づけられていた時代(明治時代中期〜昭和時代前期)もあった一方、戦後(昭和時代中期〜平成時代以降)は一転して肯定的に再評価されているように、歴史観の変遷によってその人物像が、甚だしく変化している。

気になる 生活に役立つ情報

無料 画像編集講座 ロゴ作成講座
画像編集 サイト
ロゴ 作成 制作のコツ
画像編集 方法
ロゴ 素材
画像編集 文字入れ
ロゴ 編集
画像編集 有料
ロゴ おしゃれ
画像編集 練習
ロゴ メイキング
画像編集 ロゴ
ロゴ ユニーク
画像編集 上手
ロゴ モーション
画像編集 ネタ
ロゴ 効果
画像編集 入門
ロゴ 人気
画像編集 フリーソフト
ロゴ 無料 組合せて
画像編集 結合
ロゴ 立体
画像編集 技術
ロゴ gifアニメ
画像編集 パソコン 無料
ロゴ 文字 無料
画像編集 切り抜き
ロゴ 自作
ロゴ かっこいい
画像編集 合成
ロゴ オリジナル
画像編集 簡単
ロゴ 組み方
画像編集 おすすめ
ロゴ 抜き取り
画像編集 ブログ
ロゴ 面白い

 

足利尊氏

誕生から鎌倉幕府滅亡まで//足利尊氏

建武の新政から南北朝動乱へ//足利尊氏

観応の擾乱から晩年まで//足利尊氏

人物//足利尊氏

後世の評価//足利尊氏

尊氏の肖像//足利尊氏

足利貞氏//足利尊氏

建武の新政//足利尊氏

鎌倉幕府の滅亡/建武の新政//足利尊氏

新政の開始/建武の新政//足利尊氏

新政の瓦解/建武の新政//足利尊氏

恩賞・人事/建武の新政//足利尊氏

足利高義//足利尊氏

足利直義//足利尊氏

二頭政治から観応の擾乱へ/足利直義//足利尊氏

足利直冬//足利尊氏

初陣/足利直冬//足利尊氏

長門探題就任と観応の擾乱/足利直冬//足利尊氏

尊氏との対立/足利直冬//足利尊氏

晩年/足利直冬//足利尊氏

最期/足利直冬//足利尊氏

足利基氏//足利尊氏

足利義詮//足利尊氏

将軍就任後/足利義詮//足利尊氏

人物/足利義詮//足利尊氏

元弘の乱//足利尊氏

笠置山・赤坂城の戦い/元弘の乱//足利尊氏

千早城の戦い/元弘の乱//足利尊氏

六波羅攻略/元弘の乱//足利尊氏

鎌倉攻略/元弘の乱//足利尊氏

多々良浜の戦い//足利尊氏

湊川の戦い//足利尊氏

経緯/湊川の戦い//足利尊氏

後世への影響/湊川の戦い//足利尊氏

後醍醐天皇//足利尊氏

即位//足利尊氏

倒幕/後醍醐天皇//足利尊氏

流罪、そして復帰/後醍醐天皇//足利尊氏

建武の新政/後醍醐天皇//足利尊氏

足利尊氏

織田信長

徳川家康

豊臣秀吉

干支 性格 辞書

 


大きな地図で見る